2016年08月19日

無法掌控命運,就掌控內心



我們試圖掌控命運,到頭來卻總被命運捉弄;我們botox價錢試圖探討人生,到頭來卻發現人生如夢;我們試圖張揚個性,到頭來卻往往被群體同化。“人生不如意,十之八九” ,既然無法掌控命運,我們就順其自然,找到內心的自我,做到不迷失自己,達到內心的平和!生命簡單一點,快樂也會長久一點。

   要懂得忘卻。人生最大的痛苦緣自追求完美,要知道,真正的光明並非沒有黑暗的時刻,只是永遠不為黑暗淹沒罷了。我們的生活也是一樣,忍著疼痛奔跑,帶著淚光微笑,這才是真正的生命。

   要懂得放棄。人生如戲,每個人都是自己生命中的唯一導演,只有懂得放棄的人才能徹悟人生,笑看人生,始終擁有一個好的心情。“捨得捨得” ,有舍才有得。

   要懂得欣賞。用欣賞的眼光看待人和事,我們會更幸福。其實,每個人身上都有優點,也都有缺點。我們何必要帶著放大鏡看人,而不帶著望遠鏡去欣賞呢?

   歲月的流逝,生活的繁瑣,現實的諸多不易給人越來越多的壓力,沒有駐足品味的閒暇,少了冥想沉思的情致。一個人的情緒受環境的影響,這是很正常的,只有心裏有陽光的人,才能感受到現實的陽光,快樂是一種生活態度,快樂是一種心緒。不要把自己禁錮在憂愁的厚繭裏,美化生活,欣賞生活,人生到處都會有亮麗的風景。

   我們無法躲避每一個平淡的日子,也無法回避平淡日子裏流水帳一樣的忙碌。每個人都有自己的活法,只要能夠發現自我,並且在身體與心靈中保持自我,並最終超越自我,即使無人喝彩也會有所收穫。活出平凡真實的自己。人生在世,笑是一種瀟灑,哭也是一種瀟灑,只要發自肺腑,定會酣暢淋漓。

   在這複雜的社會中我們要學會處變不驚,不要讓自己脫髮洗頭水迷失了方向,傷心和委屈的時候,就嚎啕大哭。哭完洗洗臉,擠出一個微笑給自己看。給自己一個遠大的前程和目標。記得常常仰望天空,但也不要忘記仰望天空的時候也看看腳下。

   平凡的日子裏演繹平凡的自己,雖說平凡的人只要努力就能影響世界,但不要刻意地去追求什麼,用自己的善良品質和快樂的心情,去做真實而平凡的自己。這樣的日子有思念相隨,有開心相伴,可謂天馬行空,你會為此而感到自豪,感到愜意,也活得真實輕鬆而又安然。

   我們都是普普通通的人,每天在行色匆匆的人流中穿行在嘈雜喧囂的環境中忙碌。我們渴望在疲憊的奔波中獲得輕鬆的釋放,在夜深人靜的安寧中,為自己莫名的身體疲勞孤獨找到平靜的理由,我們甚至期待自己平平淡淡的生活能出現嚮往已久的輝煌,幻想著以自己平庸的能力創造出非凡的成績。我們不停地在為我們的心靈祈禱著,因為只有心靈的不懈和滿足,才能使我們感受到人活著幸福的意義。  


Posted by kk at 16:17Comments(0)生活隨筆

2016年08月18日

關於她世界中我看到的流年



假如你是一個幸福的女生,有那麼一天會收到MFGM 乳脂球膜一份提拉米蘇,代表著他有勇氣給你混雜再多苦澀也好的甜蜜,假如你是一個幸福的男生,有那麼一天會收到一份提拉米蘇,那麼代表著她想在你心中擁用永不湮滅的記憶,我想千言萬語道不盡,一份小小的提拉米蘇,竟有那樣驚天動地的海誓山盟。

你總愛把稀鬆平常的交流當承諾,在心裏面紮根深種。你總習慣把別人的眼神往自己的身上染,而後在腦子裏面無數遍的回味。從沒有意識到是自己在假裝看不見真相,傻傻的在一隅自我陶醉,自供自樂。你可知道你愛得那麼的沒有自己,恁卑微。

誰還沒有過回憶,沒有過惋惜,沒有過遺憾。只是時間愛跟我們開玩笑,全然醒悟後,才發現珍貴與美好。原來那些年錯過的大雨不曾再下,那些年錯過的愛情早已煙消雲散。好想驀然然回首,看那燈火闌珊處的人,事,風景。其實還有好多那些年錯過的事,不妨說出來,也就釋然了……

不知道一個人的一生可以有多少個十年可以給另一個人。愛可以是一瞬間的事情,也可以是一輩子的事情。每個人都可以在不同的時間愛上不同的人。也許愛情只是因為寂寞,需要找一個人來愛,即使沒有任何結局。許多人不需要再見,因為只是路過而已。遺忘就是我們給彼此最好的紀念。

一直以為,有些東西是永遠無法從生命中剝離的。仿佛一個厚厚的繭,當我們試著撕開那層膠著的束縛時,總是不斷退卻。原來只是不願破壞繭裏寧靜、透著隱約日光的昏朦半醉的感覺。世界仿佛只在身外。那是成長蛻殼時的痛,是稚幼走向成熟代價。

心靈的路程,總是一邊走,一邊渴望。渴望某一次的某一句話,能得到心與心相知的共鳴;渴望某一次某一個不經意的回眸,能換來如我一樣的溫柔;渴望某一次某一個揮手的瞬間,能把有過的美麗串成一束花,盛放一路的芬芳……

也許每個人的初衷都只有一份簡約的追求,或期待一場溫潤的春雨,或盼望一株茉莉花開,或等候一個遠行的歸人。我們在屬於自己的那座城裏築夢,不求聞達於世,但終究還是希望可以留下些什麼,僅僅只為了被某個人偶然地記起。

有些情難以成為真情,有些心難以成為真心,有些夢難以由一個人做。一段情,一顆心,沖出i生活,留下了,飛去了,昨天的寂寞,今天的歡愉,風花雪月都是虛妄。當這一切MFGM 乳脂球膜都成了現實,在我們生活中又會失去什麼?很多情,銘記了,很多心,復蘇了,偶遇的多了,夢就應驗了,夢就平淡了。

想忘記他,你就去看他。如果你思念一個人,始終放不下這顆心,趕緊見一面,這樣許多東西都可以重新確認。這樣,當你放棄的時候才會心甘情願。亦舒說,相熟產生輕蔑。的確如此……沒見的時候,想像中的時候,都是那麼美好,可是,見了,就再也沒有感覺了。

當往昔所有的誤會與嘲諷再也不能打擊我們對生活的熱情,當往昔所有的不幸與負累再也不能動搖我們的人生信念,當我們終能以一種微笑的姿態回顧自己這些年來所走過的人生歷程,我們也許才能無愧的感覺到:這些年來,我們真正的生活過!

很多時候,當我們為找不到幸福而苦惱時,並非是幸福真的遠離了我們,變得遙不可及,而是我們自己迷失了方向,緣木求魚。拼的過程中必然會有阻力,會有疲憊,也必然會有成功的喜悅,豐碩的成果。混的生活,則比較平淡,尋常日子,平坦的道路,卻是沒有激情,沒有痛徹心扉的經歷。

讓心清如溪水,讓清澈的水流在生命的叢林中流淌,清洗心中積澱的紅塵。讓心靜如潭水,讓靜謐的泉水在生命的顛簸中瀲灩,安撫心中潛伏的躁動。讓心活如河水,讓活力的波瀾在生命的展開中奔騰,沖去心中滋長的慵懶。讓心激如海水,讓激蕩的浪濤在生命的征程上卷乳鐵蛋白起,除卻心中蔓延的儒弱
美文  


Posted by kk at 13:11Comments(0)生活隨筆

2016年08月04日

偷咖啡的孩子



1961年的那個冬天,對他來說很寒冷Beauty Box 好唔好,當卡車司機的父親出了車禍,失去了一條腿,從此要拄著拐杖走路。這就意味著父親失去了工作,家庭失去了經濟來源。每天的餐桌上,都是母親撿來的菜葉和打折處理的咖啡,餐餐都難以下咽。

  失去工作的父親,一同失去了生活的信心和勇氣,每日借酒消愁,變成了一個酒鬼。只要他稍不聽話,便大發雷霆,挨打就像是家常便飯。

  12歲那年的聖誕夜,家家燈火璀璨,美食飄香。唯有他的母親因借不到錢而愁眉不展,父親大發雷霆,罵他們都是笨蛋。無奈的母親,只得驅趕他們到街上玩。肚子餓的咕咕叫的三個孩子,發現一家商場門口的促銷商品琳琅滿目。一個念頭瞬間在內心產生,他讓弟弟妹妹先回家,而自己一直注視著那包裝精美的咖啡,他太想讓父親開心一下了。

  瞅準時機,他快速拿起那罐咖啡塞到棉衣裏,卻不巧被店主看到。店主大聲喊著抓小偷,他撒腿就跑,跑的足夠快,以為甩掉了店主,回家將咖啡送給了父親。父親很開心,打開那罐咖啡,香濃的氣息飄逸而出。還沒來得及品嘗,店主追到了家裏,事情敗露之後,他遭到一頓毒打。

  這個耶誕節對他來說是刻骨銘心的。

  後來他進入了北密歇根大學,為了節省路費,上學期間他從沒回過家,所有的節假日都在打工。

  那一天,母親打來電話,說父親想他了,想見他迪士尼美語 有沒有效,他從沒想到父親能說出這樣的話,當時正忙著和一個客戶談判,於是他拒絕了母親。兩個星期後回家,才得知父親已經過世了。後來整理父親遺物的時候,發現一個鏽跡斑斑的咖啡桶,他認得那是十二歲那年偷的那罐咖啡。蓋上有父親的字跡:兒子送的禮物,1964年耶誕節。裏面還有一封信,上面寫著:“親愛的兒子,作為一個父親我很失敗,沒能提供給你優越的生活環境,但是我也有夢想,最大的夢想就是擁有一間咖啡屋,悠閒的為你們研磨沖泡香濃的咖啡。這個願望無法實現了,我希望兒子你能擁有這樣的幸福。”

  昔日的打罵成了珍貴記憶,悲傷頓時佔據了整個心靈。妻子雪莉鼓勵他說:“既然父親的願望是開間咖啡廳,那麼我們就替他完成願望吧!”湊巧的是,西雅圖有個咖啡商想要轉讓,他毅然辭去年薪7.5萬美元的職位,承包下那家咖啡館,並用短短二十幾年時間從一個小作坊發展成跨國公司。

  這就是日後馳名全球的星巴克日本藥妝 香港,而他就是用那個行動買夢想的窮孩子舒爾茨。  
タグ :咖啡孩子


Posted by kk at 15:47Comments(0)生活隨筆

2016年07月28日

生活不會遷就任何人



走過歲月,走過生活,心裏有許多感慨,也有所感悟雞精。生活猶如萬花筒,喜怒哀樂,酸甜苦辣,相依相隨。也許真的生活不如意,但不必太在意,人生本如夢,歲月不會遷就任何人,要學會看淡一切。珍惜擁有、善待自己,讓我們的心中永遠有一片陽光照耀的晴空,把眼前的痛苦看淡,或許痛苦之後就是幸福。沒有人不想幸福快樂地生活,然而現實生活不盡如人意,我們經常不能左右幸福,因為痛苦煩惱總是不期而至,面對痛苦煩惱我們也許無法逃避,但我們可以選擇善待自己。

  人生只有經歷才會懂得,只有懂得才會去珍惜,一生中總會有一個人讓你笑得最甜,也總會有一個人讓你痛得最深。忘記一切,就是最好的善待自己,人生的過程不過就是失與得,看淡了也就輕鬆了,在一切看淡後我不知道我該看重什麼?人非聖人,誰能無錯,看淡一切,一切也就過眼雲煙,如果真的忘不了,就默默地珍藏在心底的最深處,藏到歲月的煙塵觸及不到的地方

  生活有時真的很累,身不由已的感覺只有親身經歷了才會知道。生活本身就有很多無奈,但生活也有很多美好的東西,好也罷,壞也罷,總是讓人有所期待,所以我們都要活下去,人不能想的太多,經常往好的方向想想,為了一些自己想要的東西,哪怕實現不了的也要盡力,成也罷,敗也罷,只有經歷過心裏才會舒服些。還是換一種態度生活吧,把不高興事情的統統拋開,人活著就那麼短暫的數十載,凡人當然有煩惱,生活本來就有許許多多的無奈,看你用什麼樣的心態去對待,世上沒有十全十美的人,生活中有快樂,亦有悲傷,這都是很正常的,要不為什麼會有眼淚呢?

  無數次站在人生的十字路口,無數次面臨著不同的抉擇,向左走,向右走?沒有經驗,沒有嚮導,沒有提示,沒有路標,一切都要憑藉自己的智慧和勇氣,作出選擇和決定收細毛孔,正因為人生的舞臺沒有彩排,也沒有重演,所以人生路上我們的每一個選擇和決定,都必須深思熟慮,三思而行,對自己負責,對生命負責。人們常說“人往高處走,水往低處流”,那麼我們就往高處走吧,不要想太多傷感的事,什麼事都往前看,並相信什麼事都會過去的。有人說,生活是一種享受;有人說,生活是一種無奈。其實,生活有享受也有無奈,有欣慰也有困惑。生活就象一枚青果,你含在嘴裏慢慢品,細細嚼,便有諸多滋味在你舌尖蔓延,也甜,也酸,也苦,也澀。

  漫漫旅途中,或許感到疲憊,也許有些沉重,但只要有一份美麗的心情,就會覺得欣慰,就會充滿自信。好好的珍惜人生,盡情的擁抱生活,雖然辛苦,也會咀嚼出甘甜與芬芳的神韻!快樂從來不是永恆的,痛苦也只是個過程,沒有誰能拒絕春天來臨,沒有誰能永遠都做好夢量膚訂製
,最終一句,快樂掌握在自己手裏,是要靠自己去找尋的,看淡一切,珍惜擁有,生活不會遷就任何人。  


Posted by kk at 17:53Comments(0)生活隨筆

2016年07月14日

青春時期,男女有別



大虎與歡歡是從小玩到大的好朋友Amway呃人,兩家同住一個社區,關係好得用“青梅竹馬”四字來形容他們,實不為過。從他們記事時,就如兄妹一樣不分你我,好吃的、好玩的、好看的、好聽的,全都一起分享。二人成了無話不談、事事分享、形影不離的知己,彼此交往的時候甚至連性別的概念都沒有了。
  
  13歲那年的一天,大虎依然像往常一樣跑到歡歡的房間裏做作業,做完作業便翻箱倒櫃地四處尋覓零食吃,搶著看歡歡新買的漫畫書,甚至連歡歡的日記本都不放過。當然,大虎也會主動把自己的日記拿給歡歡看,但歡歡不再像以前那樣關心他的日記,也不再像以前那樣熱情,她開始對大虎不鹹不淡,甚至有厭煩他的情緒。大虎不明白他們之間到底出了什麼問題疲勞
  
  一天,調皮的大虎驚奇地發現在歡歡抽屜裏的書本下麵,隱秘地放著幾片衛生巾,他驚詫地盯著歡歡,目光異樣。歡歡惱羞成怒,一氣之下,把大虎轟出了家門,自此,兩人關係冷淡起來,即便有時相遇,也只是談學習的事情,警覺地不越過男女生之間的那條“界線”,再也不像之前那樣親密無間。
  
  誠然,青春期孩子之間的友情非常純潔,但隨著年齡的增長,男生與女生的心理和生理表徵的迥異已愈發凸顯,尤其是青春期的女孩,例假的來臨和乳房的日漸豐滿等生理特徵,已讓她們內心充滿了嬌羞和恐慌,她們內心深處的小秘密,除了媽媽和要好的閨蜜之外,便不再願同別人分享,更不會向男生傾訴“秘密”,即便是男性知己也不行。這是正常的生理和心理現象。所以,青春期的男女生,與人交往時,要注意掌握好彼此的距離,別人的日記,或是其他隱私,不要觸碰。借用別人的物品時,要經過別人的允許。當然,生理衛生課的老師和家長,也要作為正面引導,以科學的、適當的、坦誠的、有效的方式,為孩子們點亮指明燈,補充正能量素食葡萄糖胺。  


Posted by kk at 18:08Comments(0)life

2016年05月18日

孤獨花開,淡漠四季



孤獨是什麼?孤獨像是河流,緩緩流淌,青春是什麼?青春像是量膚訂製河流的源頭不知方向,隨勢而流。
  
   一月河水流淌而過,空氣緊密水面淒涼,岸邊的礁石堅硬皎白,樹梢清零迎著風在空中微微晃動,一切都是那麼寧靜,我一個人站在樹下,樹枝頂著蒼白的天空,一切顯得那麼沉寂,就像童年下的夢想在遠空暫放,此時的歲月顯得有些孤獨。
  
   二月節日後的一切都顯得有些久遠,就像門前的楊樹,筆直的站立在路邊,看著又是一圈的年輪與枝梢的微苞點綴,嚮往明天的彩色在黑色的眼眸下孤單而迷惘,就像第一次離家不知道何時才能回家,不知道何時才能留下。
  
   三月的春風吹過了寒風的尾巴,陽光越發的明媚,午後的陽光充滿柔和,看見了枝頭的鳥,看到了晚霞的落日,看到了木槿花開。看到了這個三月心中平淡的憂傷。
  
   四月花開,盎然的春色,風中帶著綠葉的氣息,看著樹葉的斑斕倒影,天空好像在這一月被人遺忘,顯得有些沉悶,迎著風看著風箏的早已飛滿天空,飄著!四月我總是不能安定,想迎著風行走,在風中,雨中,孤單著微笑,想起了第一次放風箏時的獨自喜悅,想起了風箏斷落時的無奈彷徨,想起了學校的那條開滿櫻花的路。
  
   五月蘇州的雨是這樣的多,雨水冰涼,落地溫熱,我穿著拖鞋在這陌生的城市尋走著,仿佛所有的事情都會被雨水打破,心情像雨落時的清涼,還是這雨後的悶熱,記得獨自一個在山塘街的屋簷下躲雨,看著青石板的古樸街巷,孤獨就是這樣在陌生的地方看著奔走的行人,還有我身後堅硬的牆。
  
   六月夜晚的風顯得這麼的無味與蕭索,似乎每個六月我都在遠離喧囂的地方,似乎像是沉浸在了一條幽暗的河流,無法掙脫,就這樣慢慢漂泊,河流中散落著記憶延缓衰老和憂傷,無法拾起,無法駐足,過後除了不斷流逝的時光,剩下的就是這個世界所感受的孤單。
  
   七月,鷹高天長,樹影也是隨著炎熱而失去,七月是漫長的,漫長的像是我在流浪,走過深夜的立交,走過迷茫交錯的孤獨,看到了內心的煎熬,看到了人的安定與歡笑,看到了自己像是自己的配角。
  
   八月總是感覺特別的短暫,就像不知是如何走過七月,讓人感覺壓抑的環境與人文帶來的煩躁,有些夜晚的迷情,有些季節交替的躊躇,只是孤獨如我依然流浪,不知道幾月才是方向,在孤獨的深處才知道人需要的是依靠。
  
   九月我成熟而童性,每年九月空氣都感覺清新,就像第一次見到你時的青春密笑,就像忘記的相見與離別,就像鏡子裏的我,是這樣的年輕與蒼老。
  
   十月的秋,秋的浪漫,秋的味道,就像秋的美好和短暫,就像秋的成長與傷感。
  
   十一月我總是莫名的悲傷,就像慢慢冷的溫度,就像慢慢穿的衣服,就像慢慢孤單的人,就像夜晚一個人吹著風的等待與去留,仿佛沒有了一絲味道,突然想回到四月的夜晚站在路邊的櫻花樹下,看著你看著我從此走過。
  
   十二月天已寒冷,蘇州的街道上像是一副漫畫,人是那麼的緩慢,天空是那麼清明,空氣是那麼的清涼,霓虹燈下依舊是寒冷,霓虹燈依舊是深冷的智能護膚機落寞,十二月的夜我一個人走在路上,下起了雪,我獨自坐在河邊的亭子上,幾個拍照的攝影師穿著大衣在雪中取景,人走了,雪還在繼續,除了徹夜明亮的河燈,除了這冰冷的夜,除了孤獨,我不知道孤獨是不是像這寒冷,像這飛雪,春來消逝。
  
   孤獨的夜,路是那樣的冷,心中的孤獨是這樣深痛。  


Posted by kk at 11:56Comments(0)生活隨筆

2016年01月08日

、腹筋運動が背

君をもわれをも祝いなどしたるさま、ことにをかし」と書かれている箇所がある。
これを簡単に説明すると、
「正月一日は、空の景色がぼんやりと修護皮膚
霞みがかかったように穏やかで、
世の人々は晴れ着姿に身を整えて、主君も自らにも
新年を祝っている様子は、おもむき深い」という意味になるだろうか。
「お正月を写そう。きれいな晴れ着を写そう」
とばかりに過ごしている姿は、千年という時の流れを感じさせない。

一方で、ニュース記事を見ていると、
「腹筋運動は時代遅れ」という見出しがでていた。
それによると、腹筋運動が背中を痛める非常に大きなリスクを抱えている、
というものだった。
そのため、米軍では体力測定からこの項目を除外したという。
腹筋運動といえば、体幹を作る重要要素網上課程として、
必ず入っているものだったが、これからは除外される傾向となっていくようだ。

かつて、私が運動クラブで汗を流していた頃は、
練習メニューには腹筋運動はもちろんのこと、
「うさぎ跳び」なるものが必ず入っていたものだった。
「うさぎ跳び」はかなり過酷で、
運動場の端から端までを何往復というものをやっていたことがある。
ところが、この「うさぎ跳び」、効果がないどころか、
膝を痛める原因となることがわかり、今は練習風景でほとんど見ることもない。
今度は腹筋運動やクランチといったものが消えてなくなることになりそうだ。
「流行」は、考えているよりもっと早一程多站旅遊いサイクルで変化していくようだ。
  


Posted by kk at 18:51Comments(0)life

2015年12月30日

離婚の話聞いても

「だから、ハルオ君いいと思うけど、はるちゃんはどうなんだろっReenex好唔好て」


「うん――」


「元カノ――会った時は元カノって知らなかったんだし、急に会ったのは、やっぱりショックだったかもって」


「そんな様子でした?」


「様子は普通だったけど、なんとなく――私だったらショックだなって」


「うん――」


「見当違いの心配、してるのかもしれないけど」


「俺はそんなことなかったな」


「え?」


「いや、あかりさんのその、元ご主人、あの日いきなり会っても」


「あぁ――」


「ショックとかなく、結婚してたって知っても、そりゃそうだって」


「そう」


「離婚の話聞いても、いろいろあったんだろうって――それはまぁ、俺がバツイチのせいもあんでしょうが reenex 價錢


「そうですか」


「元ご主人の彼が、スッパリできなくてお店に来ちゃったのも、妙に納得っていうか――それで変わることは、なかったです」


「はぁ」


「いや、もしよければ、今日の帰り、ハルオの病院つき合って下さい。顔見に行ってやって下さい」


「あぁ、はい、行きます」


海岸通りと同様に、江の島へ渡る弁天橋もすいてました。なぎさ駐車場に車をとめ、参道の鳥居近くまで戻り、見晴らしのいい食堂に入ります。店内はすいてましたreenex


  


Posted by kk at 15:52Comments(0)

2015年12月11日

一般的にも「お歳暮

「長刀はむかしの鞘」という題がついているのは、
この長屋に住む浪人を中心に書かれているため。
この男、持っているものを次々と質草にして売り払い、
どうにかこうにか暮らしていたが、
ついに売るものがなくなり、最後、手もとにあったのは長刀の鞘(さや)だけ。
これを女房に質屋に持って行かせる鑽石能量水
質屋は、そんな詰まらぬものとばかりに投げ返すと、
「長刀こそないが関ヶ原の戦いで軍功を挙げた先祖の宝。
鞘と言えど、それをむやみやたらと投げ返す。これは我が先祖をないがしろにするもの」
と言って喚(わめ)きたて、質屋がどう宥(なだ)めようと声を挙げて泣くばかり。
強請(ゆす)られていると知りながらも、
質屋が折れて、三百文と米三升を差し出すことになってしまうという話。
また、この話の続きに、
浪人と同じ長屋の隣りに住んでいる年の頃三十七、八の独身の女性について書かれている。
この女性、何をしているかわからないが小綺麗にしていて、
家主に鰹一本、その娘へは絹緒の小雪駄、お内儀には畦足袋一足、
そして七軒の長屋へは餅に牛蒡一把ずつ添えて配ったと出てくる。
まさに、お歳暮。もう既に空氣清新機、一般的にも「お歳暮」の習慣があったと見える。

また、江戸時代の俳人、小林一茶の句に
「宵(よい)過ぎの 一村歩く 歳暮かな」とある。

十二月の声を聞くと「お歳暮」の季節という事になる。
ところが、お歳暮の申し込みは十二月になる前から始まっており、
11月中に申し込むと同じ商品だが、何パーセントかのディスカウントがあるという。
これは、繁忙期を避けるためでもあり鑽石水
どこよりも早くはじめ、顧客をどこよりも早く取り込むための策だそうだ。
お高くとまっているようなデパートだが、
これが、
なかなか商魂逞しい。
  


Posted by kk at 20:47Comments(0)life

2015年09月22日

自分がやりたい!

アンケート内容この時代、自分がやりたい!したい reenex!!
って仕事に就ける人は本当に極わずかですよね( ̄ω ̄;)?
っと言うより時代関係なく、
夢ややりたい仕事をしているってスゴいですよね!

おそらく半分以上の方が、夢を持ちながら、、
もしくは夢を諦めて、、何か違う仕事をしている事だと思います。

僕も今まで幾度も志し半ばで挫折をして来ました reneex

話しが長くなりそうなのでここら辺で止めときます。


皆さんがやりたいと思っている本当の仕事・職業は何ですか reenex

(職業全部は書ききれないので、思い浮かんだのをとりあえず
書かせてもらいました reenex
。)



  


Posted by kk at 17:33Comments(0)

2014年12月02日

でなければ


犬の散歩から戻り上の写真を妻に見せると、妻は「こんな遠くにいるネコに、よく気がついたわね」と感心しきりな様子で言った。

「木々を渡る風の音、秋晴れの乾いた空気の中に微かに異質なものを感じてね、常人なら見落とすようなことも、このわたしにかかれば全てお見通し」

「あらまあ生憎今日は雲の多い湿った天気ですし康泰旅行社、全てお見通しならネコなんかより、も少しお金儲けに繋がる話はないんですか」

「ん?まあ……ね」

「いい加減な事ばかり言ってないで、ツブラにお水とご飯をあげて下さい」

妻は呆れたような笑顔を浮かべ、わたしの前から姿を消した。

「ふむ、全くもって詩心の分からぬオナゴじゃ、けしからぬ!」と思ったが、毎々口から出まかせばかり言っているので、ここは身から出た錆と得心した。


ところで写真というものは、過去の一瞬間を捉えて映像に残すもので、捉えられた映像に嘘は無い。

加工されたものはさておき、その一瞬間を写し撮った写真に嘘は無いけれど康泰旅行社、撮られた瞬間の前後の時間に何があったかは一枚の写真からは分からない。

わたしのダボラもそんなところから出たもので、写真では判別もつかないような遠方の猫に気づいたわたしに、妻が妙に感心するものだから悪戯心が起きた。

実はこの写真を撮る数秒前に康泰旅行社、写真右の猫ちゃんは手前の石垣の上に居て、わたしを見ると(あるいは犬か知らん)逃げて行った。

わたしはその姿を犬が道草している間も目で追い、何やら猫が座り込んだ先にもう一匹の猫がいるのが目に入ると、その絵が面白く思えてシャッターを切ったのだった。


でなければ、いくらわたしだって散歩のあいだ中ずっと猫やらカラスの姿を追い求めているわけじゃないから康泰旅行社、あんな遠くで見合っている猫共に気づく筈もない。  


Posted by kk at 12:11Comments(0)日記

2014年05月13日

私は

羽毛っ! ブログは、昨日の記事で、ひっそりこっそりと、週二回更新などど、思って居ったら、私の記事の完コピが目に留まってしまったり(全然、そのブロガーさんに他意はありません背幕製作。ブログ、続けて下さいね、出展明記してもらって、ばんばん、行って頂戴、私の愚記事に関しては・・・)、励ましのコメント、ちょっと、字が違うけれど、頂いたり(うんうん、ブログはいいよなぉーーー、うんうん、イイヨナオジサンで返礼)、それから、ぐっぐっていたら、一年半前にコメントしたブロガーさんから、知らぬ間にご返信、しかも、リンク付き。こちらは、ご無沙汰
モードになっていたのである。すかさず、りんくるくるしてしまった康泰導遊

私は、もちろん、ブロガーさんたちっても、その、わたくしの更新力の原動力になって下さっているブロガーさんは、愛おしい。うんうん。それから、この楽器奮闘記、とりわけ、ピアノは私の問題でもあるから、これについて書かれているものは、愛おしい。むしゃむしゃと読んでしまう。

で、そのブロガーさんの性別も年齢もnu skin 如新、じぇんじぇん分からないのだけれど、書かれている内容は、ピアノ弾きだから、よぉーーーく、分かる。そして、裕センセのちゃらちゃらブログを読むと、「ピアニストであることの大変さ=楽器の習得が、いかに大変か=日々の努力および理論の把握、その理論を体に覚えさせる=切磋琢磨=人には言わない努力の結晶=涙ぐましい日常=巨人の星的バックグランド、つまり、尊敬に値する、その人格」は、まったくもって、またたくまに、木村拓哉であるからnu skin 如新、その真意は暗喩と隠喩と隠微の彼方・・・。この方のブログを読ませて頂くと、私自身が、おぉーーー、そうだそうだっと「再」理解をする。先ほど、全記事、拝読致しましたぁー。はい、本文、右下、23.221cmの辺りです。  


Posted by kk at 16:58Comments(0)lifenuskin

2014年04月11日

だれだれは

自分の思うように人を動かすのは、至難の業である。
自分がしてほしいことと、人がしたいことは、同じとは限らない。

ナニナニしてくれない康泰領隊
と、不平を言っても、人にナニナニしてほしいなら、それなりの動きをしなければいけない。

してほしいのに、してくれない状態にじっと耐えて、なんの意思表示もしなければ、人にわかってもらえない。
ある程度の働きかけをしなければ、伝わらない。

人によっては、
「なぜ、しない?」
「なぜ、してくれない?」
と、怒って詰め寄るタイプもあるだろう。

そんなふうに言われて、喜んで行動する人はまず、いない。
強制で、動く。

「だれだれは、してくれるのに・・・」
とあきらめ調で愚痴るタイプもあるだろう。
ひたすら、鬱陶しがられる。

「してくれたら、嬉しいな」
と、明るいタイプもあるだろうが、欲求内容による。
どう考えてもしたくないことを、笑顔で爽やかに言われても、したくないものは、したくない。

「わたしなら、こうする同珍王賜豪
そう言って、自分も実践し、ある程度、成果もあがっていて、なおかつ、強制ではなければ、
自然にやってくれるかも知れない。
が、サボりな人には通じない。

「あ、そ。
じゃあ、あなた、がんばってね」
で、おしまい。

動かない人は、テコでも動かない。

どんな表現であれ、要求の内容による。

・・・

人になんと思われようが、評価されなかろうが、一生懸命、自分の道を貫き通す。
その姿を見て、こころを打つものがある場合も、ない場合もある。
家庭内のことであれば、家族は、ある程度の影響や感想を持つだろう。

「うちの方針だ。当然ながら、あなたもしなさい」
頭ごなしに、強制されると、どうなるか。

歌舞伎役者など、代々世襲している家庭は、いかにそのあたりの困難を乗り越えてきたことだろうか。

親の道を引き継ぐ子どもと、まったく正反対の道を選ぶ子どもがいる。
反発したり、自分の道を見つけたり、あるいは、尊敬したり。
それは、子どもが成人になって独自で決めることである。

サラリーマンであったなら、職業的な、そんな葛藤はないだろう。
被雇用者の中でも、公務員がいいとか、メーカーがいいとか、
それなりの身近な見本を見て、特徴を参考にして考えることだろう。

時代の流れというものもある。
武士が最高でも、明治維新以降、武士ってその職業は継げない。
軍人さんも、戦争が終われば、無職。
公家も貴族も、制度、体制が変れば、無職。
地主も小作人も、時間と共に変貌する。

戦後のどさくさから這い上がる人もいる。
高度成長期で、のし上がる人もいる。
時代の波に乗る人も香港如新、乗れない人も、転落する人も、いろいろいる。
すき間や狭間から、零れ落ちる人もいる。
上がったり、下がったり、ジェットコースターの人もいる。

・・・

人を動かす、という話から、大幅に脱線。

子どもは、子どもの道がある。
ある程度の年齢になるまでが、親の義務。
その年齢は、個人差がある。

外国に比べると日本人は過保護の傾向にあると思う。

子どもから大人に成長する過程で、親がどこまで手を出すか、口を出すか。
これまた、親の性格や方針によって、様々だろう。

こうしなさい、ああしなさい、と口うるさく躾ける親。
これは、子どものタイプによっては、効果がある場合もある。
言われなければ、まったく何もしない子どももいる。
自主性ゼロ。
強制しないと、何もしない。

優しく言われると、付け上がって、あんまり真面目に真剣にやらない子どももいるだろう。
厳しいほうがいい場合もある。

だが、ガミガミ怒鳴られ、殴られ、怒られ、叱られ、そんな教育って、わたしは嫌いだ。
体育系やスパルタ系の、厳しい教育なのかどうかは、知らないが。
優しすぎるもの、肝心、肝要なことを抜かしていては、腑抜けで良くない。
今、思えば、厳しくされた辛い時代があってこそ、結果として実を結んだ手ごたえを感じることもある。
何かを習得するには、厳しい時期がないと、優しいばかりでは、なにもモノにならない。

いずれにしても、難しい。

・・・

自分がいいと思ってやっていることを人が見て、人も同調してくれたら最高だが、
哀しいかな、わたしの場合は、ありえない。

人がやっていることを自分が見て、いいなあと同調した場合、真似してみることはある。
取り入れる醫藥網
すべてを取り入れることは、ない。
いいとこ取り、自分仕様。
加算法。

逆の場合もある。
人の悪いところは、自分への注意、戒めの材料にする。
消去法。

どんどんいいところが増えていって、点数が伸びるかというと、そんなことは決してない。
自然消滅していることが多々ある。
良い面も、悪い面も。
補充、補足しないので、目減りしている。

悪い面は、あまり減らずに、良い面が減ったりするので、厄介だ。

・・・

自分を貫き通した、孤独な、でも強いおばあさん、
あのおばあさんのお葬式の話、生き方を、自分なりに消化できる日は来るような、来ないような。
消化できないまま、胸の中、腹の中に、ずっと溶けずに気になって、持ち続けている気もする。
やがて、溶けて内臓に染み入っていくか、あるいは、異物として体外に排出されていくか、
どんなかんじだろう。

自分自身の歩みは、これからも歩み続けていかないとわからない。
  


Posted by kk at 18:11Comments(0)日記

2014年01月23日

仕事があまりに忙しく

早いもので、もう年末、12月です。
なんか12月になると、毎年 これといってパッとしたこともせずに
1年が過ぎたような気になり焦るというかなんだか嫌な気分になるのは
私だけでしょうか。

先月はエッセイをお休みしてしまい申し訳ありませんでした。
仕事があまりに忙しく香港如新、帰ってくると夜ご飯作りや洗濯や次の日の弁当準備に追われ、
土日は息子と娘のバイト送迎に実家の母の様子見にと、いっぱいいっぱいでして…(言い訳)。
そんな中、先月、紅葉シーズン真っ盛りの最中に学校の校外学習で京都清水寺に
行ってきました。
京都生まれの私ですが、清水寺に行くのは20年ぶりくらいでしょうか。
五条坂のバス停から寺まで上がったんですが、我がクラス (生徒9人に担任が3人) の
独身若者先生はバリバリ体育会系男、超人のような奴なもんで、坂道を競歩のように歩き、
生徒も私もついていくのに必死。階段は一段飛ばしで上がるし景色を楽しむどころじゃない。
50過ぎの疲れた身体にはキツいよ!
肩で息切って清水の舞台まで上ったら、そこは まあ人、人、人!
正月の初詣かと思うくらいの人出でした。
何より驚いたのが、周りから聞こえる言葉。あっちからもこっちからも前からも後ろからも、
聞こえてくるのはみーんな中国語なんですよ。中国人比率、ハンパない!
きっと日本人より中国人のほうが多いよ。清水からの景色は素晴らしかったけど、
騒々しい中国語になんかお腹一杯な気分になりました。
清水からは三寧坂、二寧坂、一寧坂と降り、石塀小路を通って、南座まで行くのが今回の
コース。
三寧坂では生徒たちがお土産や買い食いで完全に立ち止まり状態。彼らはお土産を買うにも
かなり暇がかかる。悩み倒して生八つ橋ひとつ買うのに20分!
気の短い私はイライラの極致。

(生徒)「チョコ味にするか抹茶味にするか…それとも栗か、やっぱりプレーンかなぁ…」
(私)「京都らしく抹茶にしたら?」
(生徒)「う~ん…でも」
(私)「試食して決めたら?」
ひととおり試食しても決まらず(まぁ決まらないとは思ってたけど)
(私)「変わったらとこでチョコ味にしたら?」
(生徒)「チョコなぁ…あんまり変わったのもイヤやし…」
(私)「そんならプレーンにしとく? 定番やし誰にでも喜ばれるよ」
(生徒)「う~ん、でもせっかく京都来たんやしなぁ」
(私、心の中で)「はよ決めて! 抹茶やろ抹茶!!」
ここで店員さんがいらぬことを言う。「それなら栗なんていかがですか?」
あーっやめて! せっかく抹茶とチョコとプレーンの3種類に絞ったのに、また選択肢広がると
悩み出すやないかnuskin 如新!!
(生徒)「栗かぁ…栗にしようかな」
(私)「そうしとき、栗もなかなかいいよ(何でもいいからはよ決めて!)」
(生徒)「でも抹茶もやっぱりいいし」
(私)「やっぱり京都やし抹茶や抹茶!(さっさと決めてくれ!!)」
(生徒)「でも、お母さんは抹茶好きかわからんし…」
こういうやりとりを20分やるわけです。疲れますよ。結局彼はプレーンに決めました。
私のアドバイスの意味なし。でもこのやりとりがないと彼は決められない。
こういう決められない人が数人いるもんで、お土産買うのは一苦労なんですよ…
お土産も終わりまして、二寧坂へ。有名湯豆腐の店、奥丹の前では本物の舞妓さんがおられ、
美しいぞ、ラッキー。昨今は観光客が舞妓の着付けをしてもらった「なんちゃって舞妓」が
いっぱい街を歩いてるから紛らわしい。
たいていは「なんちゃって舞妓」のほうが化粧が濃くて、まつ毛なんてマスカラのCMのように
バッサバッサの真っ黒。やっぱりどことなく品がないもんです。
着物を着てる若者も多くて(着物を着てたらレストランとかが割り引きになったりする。
着物の街、京都をアピールする京都の作戦)、着物を見てるのも楽しいのですが、
やっぱりなんか薄っぺらい感じ。なんか違うんだよね、京都人としては。
派手ではなくしっとりした着物を着てこそ京都でしょ!!

なんだか人も町並みも様変わりしていて少しがっくりしたんですが、石塀小路だけは
昔のままの姿でほっとしました。
あちこち覗いたり買ったりしたもんで、計画外の時間ロスに、石塀小路から安井神社を通り、
教育に悪いけどラブホテル街を抜けて花見小路を通り、大和小路も見て、やっと南座に
着きました。もちろんさらに競歩でございます。
南座は、まだ「まねき」の看板が上がる前で、南座の舞台裏体験なるものに行きました。
限定された期間中にやってるこの企画、なかなかおもしろい。
南座のお姉さんが、客席から舞台裏まで解説しながら見せてくれるんです。
花道の途中にある「スッポン」(役者が上がったり下がったりする穴) を見たり、
実際に舞台に上がり舞台が回る様子や舞台が上下するのを体験でき、けっこう良いのです。
展示室には波の音を出す道具 (紙を張った籠に小豆を入れ、傾けて波音を出す)や、
舟のきしみ音を出す道具など、昔の人の工夫はすごい。
いろいろ見所満載康泰旅行團、ここオススメです。

南座を出たあとは、競歩どころか飛ぶように歩いて八坂神社へ。
そこからバスに乗って帰ってきました。
朝8時半ころに家を出て、座ったのは昼食の1時間程度で、あとは歩きっぱなしの1日でした。
久々の京都の印象は、なんだか観光客向けに造られた昔ながらの風情に似せた新しい町、って
感じがして、なんとなく、あぁ私も歳とったんだなあ、昔とは違うんや、としみじみと寂しさ
を感じてしまったと同時に、競歩しまくりに足腰ヨレヨレに歳を感じた日となりました。  


Posted by kk at 17:51Comments(0)日記nuskin

2014年01月08日

わたしは

昨日、ダンスホールの更衣室で、着替えていたら、見知らぬ女性Aが入ってきた。
そこに、また、見知らぬ女性Bが来た。

B「この前のドレス、買われたの?」
A「買わなかったのspeed dating newfdgathering
B「あら、すごく良く似合ってらしたわよ」
A「あれより、もっといいのを買ったの」
B「そうなの? あれは、白がきれくて、あなたにとってもお似合いだったのに」
A「あれより、もっといいドレスにしたの。
あのドレスの2倍以上の値段のドレスを、他のところで買ったんですよ」
B「(へえ~)・・・」
A「50万円なんですが、とても気に入ってましてね。
お取り置きしてもらってたら、よそのオバちゃんが、がっと入ってきて、そのドレスを試着するんで、
結局、その場で、買っちゃいました」
B「(ふ~ん)・・・」
A「あのブランドは有名で、あのドレスを着て出ることが、競技選手の夢なの」
B「(あら、そうなの)・・・」
A「練習のモチベーションが高まるの」
B「(し~ん)・・・」

これ、最初は、Bさんが、世間話的に話題を振って、いい調子だったのだけど、
だんだん、Aさんのノリになってきていた。

わたしは、AさんBさん、お二方とも知らない方なので、どうでもいいが、
なぜか耳がダンボになってしまい、
最後に更衣室を出るときは、いったいどんな人なのかと、Aさんの顔をまじっと見て、出た。

Aさん、上品な方のはずなのに、自分の欲求を妨げる行為、
買おうと思ってお取り置きしていたドレスを試着する人に対して、いきなり「オバちゃん」という単語を発した。
この言葉で、わたしは、このAさんこそ、「あんたがオバちゃんや」と思ってしまった。

おんなの闘いは、すごい。

じつは、わたしは、その更衣室に入る前に、
ホールのフロントやロビー近くで、ずらり並べて売られていたキンキラドレスを熱心に見ていた。
いいな~、ステキだな~、→高いな~ →どこで着る? どこに置く? 何回、着る? →無理、買わない、→見るだけ
と、心理、感情、考えが推移していた。

どこか、こころの隅、底に、ドレスに対する未練がある。
買いたいけど、買わない。見るだけ。

そういう心理が育っていた時に、いきなり、ドレスを買う話。
女性どうし、ドレスは憧れの的交友平臺
Aさんが競技選手であることに対しては、わたしはさほど、なにも思わなくなった。
以前なら、憧れ、自分とは縁のないものとして見ていた。
一種の、すっぱいブドウ、負け犬的心情だった。
が、今は、自分のスタンス、価値観が確立されつつあり、べつに、競技選手だからって、どおってことない。

まあ、それはそれでいいのだが。
まったく見知らぬわたしがいるのに、ドレス50万円也を、(よそのオバちゃんを跳ね除けて)買う話、
それをする二人。
それは、まあいい。
世間話の一つだ。

わたしが不思議に思うのは、聞かれてもいないのに値段まで言う、そのアケスケ、フランクぶり。
大阪のおばちゃんは、あんなのかなあ、と。

よほどの親しい人でもない限り、そんな大きな買い物をした話は、わたしはしない。
(というか、誰にも言わない)
まして、初対面のアカの他人であるわたしという、目も耳も口もある、どんな人物かも知れない人間が混じっている中で、
(しかも更衣室といえど、密室で)
けろっと話すことに、驚きを覚えた。

この話をある人にしたら、
「自慢したいんじゃないの?」
とのお言葉。

なるほど・・・。
あれは、自慢だったのか・・・。
だとすると、わたしに対しては、効き目がなかった。
胸の中に収めておけばいいものを、わざわざ口に出して報告する行動心理には、2種類ある。
なにも考えていない中年交友、思ったことを口にしないと、すっきりしない人、と、
なにかしら意図がある人。

わたしなら、絶対に、他人に妬まれるかも知れないようなことは、自分から言わない。
逆の場合もあるんだ。
妬ませるために、言う?

深読みかも知れない。
たんに、わたしがドレスが欲しいけれど、買わない、残念無念のしこりが、深読みさせたのか。
これも、妬みの一種で、冷静・へ理屈バージョンか?

「オバちゃん」は、Aさんの胸に潜んでいるのではなく、わたしに潜んでいるに違いない。  


Posted by kk at 12:23Comments(0)牛欄牌奶粉

2014年01月03日

ではまた明日

お正月2日目、毎日が日曜日で毎日が内職日和の2匹と一人の世帯主は、お正月という言葉の響きに気を許してしまい、元旦とは打って変わって、TVの奴隷と成り果てている。

ちょこっと内職はしたけれども、まったくシャキッともキリっともしない。

TVをつけていると、ぜんぜん進まないし牛欄牌奶粉、頭の働きもとってもニブイ。

こらあかん・・・

夜には阿部寛さんに会わねばと、TVに釘付け。阿部さんは「姑獲鳥の夏」を見て以来、堤真一さんと同様ファンになってしまいました。

釘付けでいたいのに、放映中に2回シッコ要求されてしまい、我慢させるのは体に良くないから渋々外に。凛太郎は用を足したらすぐに戻ってくるけれど、ハクは遅い牛欄牌問題奶粉・・・。イラっ( ̄△ ̄;)

戻ると、釘付けの続きの母ちゃんのあぐらをかいた股の上には

凛太郎がくつろぎ

3人仲良く蓄熱暖房機の傍にへばりついていました。

さて、今年はスカイプに挑戦しようと、先ほどダウンロードをしたけれど、なんたらいうプラグインがインストールできなかったということで、再インストールしたけれど、やはり同じ所で不完全。

でもスカイプ自体はOKで、テスト画面に映った自分に、思わず「コワっ」と声が出た。
ひと様にはこんな風に見えるのか・・・

もうちょっとくらいはかまった方がいいかも。少なくともスカイプで喋る時だけは、何とかしたほうがいい。ああそれはちょっと面倒くさい。

必要がありインストールに迫られていることもあるけれど牛欄牌回收、見えるっていいような悪いような・・・

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。  


Posted by kk at 16:37Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年12月17日

ニューヨークの公立学校には

先日、アメリカの給食と名付けたブログをアップロードしたら、FBを通じて私と同様に学齢期の子供をニューヨークで育てている方々から幾つかの追加情報をもらいました。とても興味深いので紹介します。

ニューヨークの公立学校には、チャータースクールというシステムがあります如新nuskin產品。公立なのですが、市からの予算は一般の公立よりも少なく配給されます。その代わりにカリキュラムやファンドレイジングを含めた様々な面で運営委員会が大きな決定権を持ちます。そういった学校では、給食の決定権もあるようで、実際に従来の業者からまともな給食を配給する業者に変えた所もあるそうです。

ただし普通のニューヨーク市の公立学校は、市の教育委員会が一括して給食を業者に注文しているので、それぞれの学校で給食業者を変えるのは、今のシステムでは不可能だろうと思います。

ニューヨーク市の公立小学校へ通う4年生の子供が作った給食のドキュメンタリービデオというのもあると聞いたので、見てみました。息子が言っていたように、メニューと実際の給食とでは大きな差があるのが分かります。

野菜が見当たらないので、メニューにある野菜やサラダは何処にあるのか息子に聞くと、メニューに書いてあるものが実際出て来ない事はよくあるのだそうですnu skin hong kong。サラダバーもいかにもまずまずしいので食べる子供は余りいないと言います。

一食の予算は親の負担、国からの援助、市の税金を合わせて$2.90なのだそうですが、子供が実際に食べているものを見ると牛乳を入れても$2.90は高いのではないかとさえ思えて来ます。

学校給食のイメージを払拭するために、ニューヨーク市を含めた幾つかの大都市教育機関はセレブリティシェフを招いて給食の献立を作りました。ジェイミー・オリバーが物議を醸し出したのはマスコミでも取り上げられましたが、上記のドキュメンタリービデオによると、ニューヨーク市でもレイチェル・レイなどを招いています。

ただ残念な事に、殆どの場合は広報のためのスタントに過ぎないようで、有名シェフが作った素晴らしいメニューが実際の給食に反影される事はないようです。

息子が去年まで通っていた学校でも、給食の内容を改善するという旨の手紙が配布され、その後一時期は半分に切ったプラムが出されるなど、少しはマシな給食が出されていたようです如新集團。ただ息子が言うには、それもほんの一時期の出来事だったようで、その後は以前と変わらない給食に戻ったのだそうです。  


Posted by kk at 17:53Comments(0)nuskin

2013年12月12日

この色の由来は

色を表わす言葉に「バーガンディ(burgundy)」カラーというのがある。
一般的に、単に”ワインレッド”と表現されることもある。

この色の由来は、フランスのブルゴーニュ地方(Bourgogne)
の英語名”Burgundy”からきている。
いわば、ブルゴーニュで作られるワインのカラーということになる。
少し明るいワインレッドを意味する防水殼
同様に、ボルドーカラーも色の呼び名としても認識されている。
こちらも一般的に”ワインレッド”と呼ばれたりする。
同じワインレッドでも、ボルドーワインの色は、
深みのある紫がかった赤色のことで、
バーガンディとボルドー、微妙にその色合いが違う。

先ごろ、近くにワインショップがオープンした。
ワインの店頭販売もするが、
おしゃれなバーカウンターがあり、そこで呑むこともできる。
昨日、少し覗くつもりで入ったが、
ちょうどブルゴーニュのワインを開けるところに出くわした。
そのワインは、コートドール(Côte-d'Or・黄金の丘)の逸品"Monthélie"。
地域の一級(1er cru) に評価されていて、
細かく地域を言えば、Côte de Beauneという南地域。
注がれたカラーは牛欄牌回收、まさにクリアな”バーガンディ”。

「ちょいと一杯」とあいなった。
ワインの香りを語るときに、様々な表現をすることがある。
たとえば、果物、花、スパイス、ハーブやナッツなどの香りがするといったりする。
同じ葡萄から作ったもののはずなのに、ワインに変わると、
確かに様々な香りがする。

で、今日のグラスワインの香りは?と訊かれて、
”う~ん、スパイシー”と言うのでは芸が無い。

かの”ロマネ・コンティ” の前醸造長だったアンドレ・ノブレ氏が、
古いロマネ・コンティを開けたとき、
『雷鳴轟いた雨後の、しっとりと濡れた森で、一枚の枯れ葉を拾い上げて
そっと匂いをかいだ時のようだ』牛欄牌問題奶粉
と、ワインの香りを表現していたのを書物で眼にした。

一杯のワインを口にする時、
このような詩的な表現で、ワインの香りを語ってみたい。  


Posted by kk at 18:56Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年12月03日

その疲労から

今年の話題の一つに、コンピュータとプロの棋士との将棋対決があった。
最高峰に位置するトップ・プロとの対決ではなかったが、
結果はコンピュータの3勝1敗1引き分けだった。

負けはしたが、今のところトップ・プロの人間の方が勝っていると言われている。
実際に対戦すると、互角レベルまで行っているような気がする。

ただ、コンピュータと対戦するにあたって人間が不利なこともある。
第1番目はOtterBox保護殼、人間同士の戦いに馴れている棋士は、
相手の息づかいを見ながら、持ち時間の駆け引きを行なうが、
ことコンピュータが相手となると、そんな駆け引きは意味を成さない。
すなわち、不慣れな土俵で戦うことになる。
第2番目は、人間は疲労してしまう。
その疲労から、ミスを犯したり、思考力が希薄ななったりするということがある。

逆にコンピュータにも弱点はある。
これまでの対戦棋譜が相当数プログラミングされているが、
入玉(王が相手陣地に入る)の差し手などは歴史上でもそんなには棋譜がないので
そんな手を使ったものや奇策には弱い防水手機保護殼

これらのコンピュータは、独自に考え、独自に判断する。
いわゆる人工知能によるものだが、
人工知能をもつ別のコンピュータで大学受験問題を答えさせたところ、
中堅私立大学の合格点を取ることができるほどになったという。

こんな風に人工知能のレベルが上がってくると、
コンピュータ独自の判断で、全て動くことができるようになるかもしれない。

5年あまり前に亡くなったが、
人工知能の第一人者であったジョセフ・ワイゼンバウム博士は、
彼の著書で、人工知能は可能か?という問いかけに対して、面白い答え方をしている。

「人工知能は可能と思われるが、可能にしてはいけない。
コンピュータに重要な決定を任せてはいけない。
その理由はOtterbox Commuter
(人工知能が)人類の感情的な環境で育てられなかったため」と答えている。
つまり、人間的に育てなければ、
変な暴走をしてしまうことになるということらしい。

これに当て嵌まりそうな人間も多いように思えるのだが、、、。  


Posted by kk at 11:21Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年11月28日

同じ70代の男性も同様

わたしは子供と話すのが好き。
正確に表現すると<話しかける>が正しい気がする。
話しかけるときはいつも一抹の不安を覚えるのは
もし拒否されたらかなりショックを受けるのではと思うから。

新聞の投書欄で70代の女性が嘆いていた。
「道に迷っているときに小学生らしい子供に尋ねようと声をかけたら、
 いきなり駆け出してしまった牛欄牌奶粉。こんな年のおばあちゃんでも悪い人に
 みえるのかしらと悲しくなった」
 
同じ70代の男性も同様。
「見かけない子供たちだったので<学校はどこなの>と聞いたら
 蜘蛛の子を散らすように逃げてしまった。こんなおじいちゃんでも
 怖い人と思われているのかと思うと、殺伐とした思いがした」
 
きっと子供たちは親から「知らない人から声をかけられたら逃げなさい」
と、教えられているのだと思う。
現在の世相ではそれも仕方がないと思える状況であり、
子供たちは親から教えられたとおりに<知らない人から声をかけられた>ので
逃げただけに過ぎないけれど、声をかけた人にしてみればやはりショックだったのだろう。

たとえそれが悪意のない高齢者であっても、子供たちには「知らない人」
であり、わたしも子供たちにとっては「知らないおばさん」であり、
声をかけたときいつ逃げられても仕方がない立場であるが、
これまでに一度も逃げられたことがないから幸運と言える。

ある日、家から近い大学の構内を散歩していると
小学3年生くらいのボクちゃんがふたり、夏休みの昆虫採集のような網を右手に、左手には透明なプラスチックの箱に水を半分ほど入れたものをぶら下げていた。
ウロウロしているふたりを見つけて、さっそく声をかけた。

「何を採っているの?」
ボクちゃんたちはちょっと困った表情をして言いよどんでいる。
「水の中に入れるような虫がこの辺にいるの?」
背丈が小さい方のボクちゃんが口ごもりながら言った。
「なんでも、いいんだけど・・・」
「あらぁ、なんでもいいの?」
「うん牛欄牌回收
「このあいだお散歩をしていたとき、カエルがいたわよ」

とたんにボクちゃんたちの顔が輝いた。

「どこ、どこ、どこにっ! 色は青かった? イボがあったぁ?」
「落ち葉と同じだったから茶色! こんなに大きかった。イボはわからなかった」

わたしは自分の握りこぶしをにゅっーと突き出して見せた。

「ホント! やったー、そいつはきっとイボガエルだっ!
 ね、どこ、どこにいたの?」
「あっち!」

わたしが言い終わらないうちにボクちゃんたちはもう駆け出していた。

「ちょっとぉ、それ1週間も前のことよ、もういないわよぉ」

ボクちゃんたちは聞く耳を持たないようだった。
(ウチにいる誰かさんと同じ!)

(あーあ、いなかったらどうしよう! がっかりするわね、きっと。
 でもいたらどうしよう、カエル君がつかまっちゃう!)

わたしはその日のことを思い出した。
もう暗くなった構内を歩いていたとき、目の前の落ち葉がゴソッと動いたので
思わず悲鳴を上げそうになり、それでも暗い地面に目を凝らすと
落ち葉の色をした大きなカエルがのっそり歩いていた。

「あらあら、そんなところを歩いていると踏み潰されちゃうわよ、
 気をつけなさい」

わたしはカエル君に声をかけたけれど、
踏み潰されなくてもつかまってしまえば悲運は同じである。

しかし、ボクちゃんたちは走り出し、サイは投げられてしまった。
わたしがその先を思い悩んでも仕方がない牛欄牌問題奶粉

河川敷でも可愛いふたりの女の子に会った。
わたしが土手の上から「クロちゃん」と呼ぶと、
ノラネコのクロが脱兎のように草むらから飛び出してきたのを見て、
女の子たちは目を見張った。(以前のものにクロをアップしています)
そこで彼女たちとあれこれお話をしたあとで「さようなら」と別れ、
わたしは彼女たちの愛らしい後姿を見送りながら、
暗くなりかけた帰り道が心配になり思わず叫んだ。

「変な人に声をかけられても、相手にしちゃだめよぉ」

あーあ、大いなるこの矛盾!  


Posted by kk at 12:53Comments(0)牛欄牌奶粉