2013年12月17日

ニューヨークの公立学校には

先日、アメリカの給食と名付けたブログをアップロードしたら、FBを通じて私と同様に学齢期の子供をニューヨークで育てている方々から幾つかの追加情報をもらいました。とても興味深いので紹介します。

ニューヨークの公立学校には、チャータースクールというシステムがあります如新nuskin產品。公立なのですが、市からの予算は一般の公立よりも少なく配給されます。その代わりにカリキュラムやファンドレイジングを含めた様々な面で運営委員会が大きな決定権を持ちます。そういった学校では、給食の決定権もあるようで、実際に従来の業者からまともな給食を配給する業者に変えた所もあるそうです。

ただし普通のニューヨーク市の公立学校は、市の教育委員会が一括して給食を業者に注文しているので、それぞれの学校で給食業者を変えるのは、今のシステムでは不可能だろうと思います。

ニューヨーク市の公立小学校へ通う4年生の子供が作った給食のドキュメンタリービデオというのもあると聞いたので、見てみました。息子が言っていたように、メニューと実際の給食とでは大きな差があるのが分かります。

野菜が見当たらないので、メニューにある野菜やサラダは何処にあるのか息子に聞くと、メニューに書いてあるものが実際出て来ない事はよくあるのだそうですnu skin hong kong。サラダバーもいかにもまずまずしいので食べる子供は余りいないと言います。

一食の予算は親の負担、国からの援助、市の税金を合わせて$2.90なのだそうですが、子供が実際に食べているものを見ると牛乳を入れても$2.90は高いのではないかとさえ思えて来ます。

学校給食のイメージを払拭するために、ニューヨーク市を含めた幾つかの大都市教育機関はセレブリティシェフを招いて給食の献立を作りました。ジェイミー・オリバーが物議を醸し出したのはマスコミでも取り上げられましたが、上記のドキュメンタリービデオによると、ニューヨーク市でもレイチェル・レイなどを招いています。

ただ残念な事に、殆どの場合は広報のためのスタントに過ぎないようで、有名シェフが作った素晴らしいメニューが実際の給食に反影される事はないようです。

息子が去年まで通っていた学校でも、給食の内容を改善するという旨の手紙が配布され、その後一時期は半分に切ったプラムが出されるなど、少しはマシな給食が出されていたようです如新集團。ただ息子が言うには、それもほんの一時期の出来事だったようで、その後は以前と変わらない給食に戻ったのだそうです。


同じカテゴリー(nuskin)の記事
 私は (2014-05-13 16:58)
 仕事があまりに忙しく (2014-01-23 17:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。