2013年08月29日

やっと夏らしくなった

やっと夏らしくなった?と言っても猛暑から普通の暑さに戻っただけ。それでも外気温は32℃前後と、それはそれで暑いがひと頃の暑さと随分と違う。毎日、35℃を越える暑さに耐えていたので、32℃前後は普通の暑さなのだ。だが、まだ8月なのだ。あと数日にすれば9月になる。

人間の体温は36℃前後と少し幅がある。ところがどんな人でも平熱より1℃でも上がると何らかの異常を訴える。例えば普段36℃前後の人が、たったの1℃だけ上がるだけでhow to register a business、軽い頭痛があったり、身体がだるかったり、関節が痛くなったり、身体に何らかの異常を感じる。そして慌てて病院に行き治療を受ける。解熱剤の点滴を打たれ、薬をもらって寝てひたすら熱を下がるのを待つ。それが人間の対処法だった。

ところが地球の対処法になると無力だ。幾ら英知を集めても地球の異常を変えられない。これまでに私が住む地域では外気温が32~33℃と、これが普通だった。これでも暑いと誰もが思っていた。ところが今年は35℃を越える日は何度もあった。熱帯夜も続いた。異常なのだ。人間なら悲鳴をあげる。本来なら病院に行って異常を訴える、それが今の地球なのだ。だが地球を診察する医者はいない。それも出来ない。たかが1℃と言っても人間の異常と地球の異常は違うのだ。人間と地球Hong Kong Company Secretary、どだい比較するこことが間違っているるのか。

この猛暑で何人かの友人達は身体の異常を訴えたのだ。熱射病に掛かった人はいないが、余りの暑さで1日中クーラーに掛かり、体温をコントロール出来ずにお医者様に掛かった人がいた。それ以外にも体調を悪くしたものの医者には診せずに頑張り通した人も。

ところが今週に入ってやっと涼しい日が続いている。このまま秋に向って欲しいと思う。毎週、月曜日になると携帯電話に県からの防災メールが送られてくる。そこの予想外気温は32℃から34℃と、ひと頃と違う。

だがまだ夏。九州は9月迄が夏なのだ。これから残暑がやってくる。猛暑から残暑、もう暫らくは暑さが続く。だがひと頃続いた猛暑はないだろう。残暑、その文字を読むと“残っている暑さ“と云うcompany registration Hong Kong。この残っている暑さで、やがてやってくる秋に備えたいものだ。


同じカテゴリー(story)の記事
 よく言われることだが (2013-08-07 17:09)
 聞いていると言葉は弾のようだ (2013-07-29 11:14)
 ダンナは叫んでいた (2013-05-20 17:54)