2015年12月30日

離婚の話聞いても

「だから、ハルオ君いいと思うけど、はるちゃんはどうなんだろっReenex好唔好て」


「うん――」


「元カノ――会った時は元カノって知らなかったんだし、急に会ったのは、やっぱりショックだったかもって」


「そんな様子でした?」


「様子は普通だったけど、なんとなく――私だったらショックだなって」


「うん――」


「見当違いの心配、してるのかもしれないけど」


「俺はそんなことなかったな」


「え?」


「いや、あかりさんのその、元ご主人、あの日いきなり会っても」


「あぁ――」


「ショックとかなく、結婚してたって知っても、そりゃそうだって」


「そう」


「離婚の話聞いても、いろいろあったんだろうって――それはまぁ、俺がバツイチのせいもあんでしょうが reenex 價錢


「そうですか」


「元ご主人の彼が、スッパリできなくてお店に来ちゃったのも、妙に納得っていうか――それで変わることは、なかったです」


「はぁ」


「いや、もしよければ、今日の帰り、ハルオの病院つき合って下さい。顔見に行ってやって下さい」


「あぁ、はい、行きます」


海岸通りと同様に、江の島へ渡る弁天橋もすいてました。なぎさ駐車場に車をとめ、参道の鳥居近くまで戻り、見晴らしのいい食堂に入ります。店内はすいてましたreenex


  


Posted by kk at 15:52Comments(0)

2015年12月11日

一般的にも「お歳暮

「長刀はむかしの鞘」という題がついているのは、
この長屋に住む浪人を中心に書かれているため。
この男、持っているものを次々と質草にして売り払い、
どうにかこうにか暮らしていたが、
ついに売るものがなくなり、最後、手もとにあったのは長刀の鞘(さや)だけ。
これを女房に質屋に持って行かせる鑽石能量水
質屋は、そんな詰まらぬものとばかりに投げ返すと、
「長刀こそないが関ヶ原の戦いで軍功を挙げた先祖の宝。
鞘と言えど、それをむやみやたらと投げ返す。これは我が先祖をないがしろにするもの」
と言って喚(わめ)きたて、質屋がどう宥(なだ)めようと声を挙げて泣くばかり。
強請(ゆす)られていると知りながらも、
質屋が折れて、三百文と米三升を差し出すことになってしまうという話。
また、この話の続きに、
浪人と同じ長屋の隣りに住んでいる年の頃三十七、八の独身の女性について書かれている。
この女性、何をしているかわからないが小綺麗にしていて、
家主に鰹一本、その娘へは絹緒の小雪駄、お内儀には畦足袋一足、
そして七軒の長屋へは餅に牛蒡一把ずつ添えて配ったと出てくる。
まさに、お歳暮。もう既に空氣清新機、一般的にも「お歳暮」の習慣があったと見える。

また、江戸時代の俳人、小林一茶の句に
「宵(よい)過ぎの 一村歩く 歳暮かな」とある。

十二月の声を聞くと「お歳暮」の季節という事になる。
ところが、お歳暮の申し込みは十二月になる前から始まっており、
11月中に申し込むと同じ商品だが、何パーセントかのディスカウントがあるという。
これは、繁忙期を避けるためでもあり鑽石水
どこよりも早くはじめ、顧客をどこよりも早く取り込むための策だそうだ。
お高くとまっているようなデパートだが、
これが、
なかなか商魂逞しい。
  


Posted by kk at 20:47Comments(0)life