2013年07月29日

聞いていると言葉は弾のようだ

「話し上手は聞き上手」と言うことわざがある。この意味は、本当に話が上手な人は他人の話をよく聞いて自分の話をする、と言うことだ。ところが生活をしていると、聞くよりも話すほうが好きな人が多い気がする。それを聞いていてヒステリックのようにも聞こえる。心の中に貯め込んだものが一気に口から吐くように見えてくるotter case。だから体調の良い時は耐えられるが、疲れている時になるとげんなりする。

私の友人にも話し好きな人が数人いる。彼らが話すのを聞いていると時間を経つのも忘れるくらい話している。次から次と出る溢れる言葉。聞いていると言葉は弾のようだ。彼らの口元を見ていると回転式の連射式の機関銃のように見える。そうなると聞いているほうも辛くなる。それが2人揃うと更に迫力を増す。3人の内に2人がそうなら残った人は話しの輪に加わらないか、2人の話しを黙って聞いているのか、とにかく仲間外れにならないように対応しなければならない。

5月の朝日新聞の記事に『めざせ!聞き上手』と言う4回のコラムが載った。それを読んでいると話を聞く時のポイントが書かれていたfr4 pcb。どれもが身につまるものだから。その中でOKなのは、①笑顔とうなずき。②相手の話しを否定しない。③共感して受け止める。反対にNGなのは、①すぐに反論、批判をする。②結論を急ぐ。③自分の考えを押し付ける。そのようなことが書かれていた。

特に男性シニヤ世代に対しては、直ぐに口を挟まない。自分の経験をアドバイスしたくなる、と厳しく指摘されていました。これを若い世代に話すと、最初の内は経験談として聞いてくれるが、度が過ぎると、それまでのイメージが崩れてしまい逆に相手が遠ざかってしまうことがある、と言う。それを何回も何回も話すと敬遠されてしまいます。だが同世代なら肯けることが多く、ますます話しが盛りあがります。

昨日も教会にOさんとNさんと話した。ところが2人共に話し好き。もう直ぐに80代に入るOさん。Nさんは私と同年代。私は教会の奉仕のために様々な用事を済ませていたがlabel sticker、2人は知らない間に話しが何度も盛りあがったようだった。その中に私が加わる時は聞き役に徹します。そして適度に話しの腰が折れない様に話します。そんな関係が続いています。
  


Posted by kk at 11:14story

2013年07月23日

全身が小麦色の素肌

素肌美人。高校生から大学生の頃の夏の流行りは何といってもコンガリと日焼けした肌だった。独身男女達が競って全身をコンガリと焼くことは当時の憧れの的だった。誰もが夏になるとコンガリと焼けた小麦色の肌を目指していたAccounting in HK。その影響は私の年代にも大きな影響を与えた。

その中に某化粧品メーカーのテレビコマーシャルに亡くなった夏目雅子のピチピチした肌が今でも印象に残っています。全身が小麦色の素肌、それにビキニ姿は、女性をはじめ男性にも大きな影響を与えました。誰もが彼女のテレビやポスターを見て憧れたものです。その私も影響を受け、憧れは行動に移し、医薬品店の男性化粧コーナーを見て日焼け用の薬品を買いましたSet up Business in Hong Kong。それを外出する度に両腕に塗っていました。ところが風呂に入ると衣類で隠されている部分の白さとコンガリ焼けた部分を比較した時に驚きました。中途半端でした。しかし全身を綺麗に日焼けするには海水浴場に行くのかプールに行くのか、時間的にも纏まった休みがとれず、チューブには薬品が残ったまま忘れてしまいました。

ところが何時の頃からだろうか、日焼けが肌のトラブルの原因だと分かりました。余りにも強い紫外線は皮膚のトラブルや病気の原因なると言うことが知れ渡り、肌をコンガリと焼くことが無くなりました。

以来、そのようなコマーシャルを見ることはなくなりました。今ではお肌が真白な女性が真夏の海岸で水飛沫を浴び、熱い砂浜でビールを飲む姿がコマーシャルに出ています。わが家でも日焼けを嫌って妻は外出するたびに日焼け防止の薬品を塗ってから出ています。帽子を被り、その上に日傘を開いて出ています。

昨日も曇りの天気にも関わらず教会の活動で、車で1時間程掛かる糸ケ浜海水浴場に行って夏を楽しんできました。曇りの天気は次第に明るくなり、大きな樹の下でバーベーキュウです。子供達は着くと遠浅の海岸に行って遊び、残った大人達は汗をタラタラ流しながら焼肉するための準備をしました。その代わり、強い陽射しを浴びなかったが、how to register a business木陰の下で肉を焼いていると大粒の汗をたくさん流しました。肉から出る煙によって衣類にはすすと臭いが染み付くほど食べました。

昔はお肌を焼くことは健康の象徴でもありました。ところが時代が変ってお肌を焼くことは肌で起る病気やトラブルになると言われ嫌われています。だとすれは健康の象徴は何なのか考え直さなければなりません。  


Posted by kk at 12:01life