2014年01月08日

わたしは

昨日、ダンスホールの更衣室で、着替えていたら、見知らぬ女性Aが入ってきた。
そこに、また、見知らぬ女性Bが来た。

B「この前のドレス、買われたの?」
A「買わなかったのspeed dating newfdgathering
B「あら、すごく良く似合ってらしたわよ」
A「あれより、もっといいのを買ったの」
B「そうなの? あれは、白がきれくて、あなたにとってもお似合いだったのに」
A「あれより、もっといいドレスにしたの。
あのドレスの2倍以上の値段のドレスを、他のところで買ったんですよ」
B「(へえ~)・・・」
A「50万円なんですが、とても気に入ってましてね。
お取り置きしてもらってたら、よそのオバちゃんが、がっと入ってきて、そのドレスを試着するんで、
結局、その場で、買っちゃいました」
B「(ふ~ん)・・・」
A「あのブランドは有名で、あのドレスを着て出ることが、競技選手の夢なの」
B「(あら、そうなの)・・・」
A「練習のモチベーションが高まるの」
B「(し~ん)・・・」

これ、最初は、Bさんが、世間話的に話題を振って、いい調子だったのだけど、
だんだん、Aさんのノリになってきていた。

わたしは、AさんBさん、お二方とも知らない方なので、どうでもいいが、
なぜか耳がダンボになってしまい、
最後に更衣室を出るときは、いったいどんな人なのかと、Aさんの顔をまじっと見て、出た。

Aさん、上品な方のはずなのに、自分の欲求を妨げる行為、
買おうと思ってお取り置きしていたドレスを試着する人に対して、いきなり「オバちゃん」という単語を発した。
この言葉で、わたしは、このAさんこそ、「あんたがオバちゃんや」と思ってしまった。

おんなの闘いは、すごい。

じつは、わたしは、その更衣室に入る前に、
ホールのフロントやロビー近くで、ずらり並べて売られていたキンキラドレスを熱心に見ていた。
いいな~、ステキだな~、→高いな~ →どこで着る? どこに置く? 何回、着る? →無理、買わない、→見るだけ
と、心理、感情、考えが推移していた。

どこか、こころの隅、底に、ドレスに対する未練がある。
買いたいけど、買わない。見るだけ。

そういう心理が育っていた時に、いきなり、ドレスを買う話。
女性どうし、ドレスは憧れの的交友平臺
Aさんが競技選手であることに対しては、わたしはさほど、なにも思わなくなった。
以前なら、憧れ、自分とは縁のないものとして見ていた。
一種の、すっぱいブドウ、負け犬的心情だった。
が、今は、自分のスタンス、価値観が確立されつつあり、べつに、競技選手だからって、どおってことない。

まあ、それはそれでいいのだが。
まったく見知らぬわたしがいるのに、ドレス50万円也を、(よそのオバちゃんを跳ね除けて)買う話、
それをする二人。
それは、まあいい。
世間話の一つだ。

わたしが不思議に思うのは、聞かれてもいないのに値段まで言う、そのアケスケ、フランクぶり。
大阪のおばちゃんは、あんなのかなあ、と。

よほどの親しい人でもない限り、そんな大きな買い物をした話は、わたしはしない。
(というか、誰にも言わない)
まして、初対面のアカの他人であるわたしという、目も耳も口もある、どんな人物かも知れない人間が混じっている中で、
(しかも更衣室といえど、密室で)
けろっと話すことに、驚きを覚えた。

この話をある人にしたら、
「自慢したいんじゃないの?」
とのお言葉。

なるほど・・・。
あれは、自慢だったのか・・・。
だとすると、わたしに対しては、効き目がなかった。
胸の中に収めておけばいいものを、わざわざ口に出して報告する行動心理には、2種類ある。
なにも考えていない中年交友、思ったことを口にしないと、すっきりしない人、と、
なにかしら意図がある人。

わたしなら、絶対に、他人に妬まれるかも知れないようなことは、自分から言わない。
逆の場合もあるんだ。
妬ませるために、言う?

深読みかも知れない。
たんに、わたしがドレスが欲しいけれど、買わない、残念無念のしこりが、深読みさせたのか。
これも、妬みの一種で、冷静・へ理屈バージョンか?

「オバちゃん」は、Aさんの胸に潜んでいるのではなく、わたしに潜んでいるに違いない。  


Posted by kk at 12:23Comments(0)牛欄牌奶粉

2014年01月03日

ではまた明日

お正月2日目、毎日が日曜日で毎日が内職日和の2匹と一人の世帯主は、お正月という言葉の響きに気を許してしまい、元旦とは打って変わって、TVの奴隷と成り果てている。

ちょこっと内職はしたけれども、まったくシャキッともキリっともしない。

TVをつけていると、ぜんぜん進まないし牛欄牌奶粉、頭の働きもとってもニブイ。

こらあかん・・・

夜には阿部寛さんに会わねばと、TVに釘付け。阿部さんは「姑獲鳥の夏」を見て以来、堤真一さんと同様ファンになってしまいました。

釘付けでいたいのに、放映中に2回シッコ要求されてしまい、我慢させるのは体に良くないから渋々外に。凛太郎は用を足したらすぐに戻ってくるけれど、ハクは遅い牛欄牌問題奶粉・・・。イラっ( ̄△ ̄;)

戻ると、釘付けの続きの母ちゃんのあぐらをかいた股の上には

凛太郎がくつろぎ

3人仲良く蓄熱暖房機の傍にへばりついていました。

さて、今年はスカイプに挑戦しようと、先ほどダウンロードをしたけれど、なんたらいうプラグインがインストールできなかったということで、再インストールしたけれど、やはり同じ所で不完全。

でもスカイプ自体はOKで、テスト画面に映った自分に、思わず「コワっ」と声が出た。
ひと様にはこんな風に見えるのか・・・

もうちょっとくらいはかまった方がいいかも。少なくともスカイプで喋る時だけは、何とかしたほうがいい。ああそれはちょっと面倒くさい。

必要がありインストールに迫られていることもあるけれど牛欄牌回收、見えるっていいような悪いような・・・

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。  


Posted by kk at 16:37Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年12月12日

この色の由来は

色を表わす言葉に「バーガンディ(burgundy)」カラーというのがある。
一般的に、単に”ワインレッド”と表現されることもある。

この色の由来は、フランスのブルゴーニュ地方(Bourgogne)
の英語名”Burgundy”からきている。
いわば、ブルゴーニュで作られるワインのカラーということになる。
少し明るいワインレッドを意味する防水殼
同様に、ボルドーカラーも色の呼び名としても認識されている。
こちらも一般的に”ワインレッド”と呼ばれたりする。
同じワインレッドでも、ボルドーワインの色は、
深みのある紫がかった赤色のことで、
バーガンディとボルドー、微妙にその色合いが違う。

先ごろ、近くにワインショップがオープンした。
ワインの店頭販売もするが、
おしゃれなバーカウンターがあり、そこで呑むこともできる。
昨日、少し覗くつもりで入ったが、
ちょうどブルゴーニュのワインを開けるところに出くわした。
そのワインは、コートドール(Côte-d'Or・黄金の丘)の逸品"Monthélie"。
地域の一級(1er cru) に評価されていて、
細かく地域を言えば、Côte de Beauneという南地域。
注がれたカラーは牛欄牌回收、まさにクリアな”バーガンディ”。

「ちょいと一杯」とあいなった。
ワインの香りを語るときに、様々な表現をすることがある。
たとえば、果物、花、スパイス、ハーブやナッツなどの香りがするといったりする。
同じ葡萄から作ったもののはずなのに、ワインに変わると、
確かに様々な香りがする。

で、今日のグラスワインの香りは?と訊かれて、
”う~ん、スパイシー”と言うのでは芸が無い。

かの”ロマネ・コンティ” の前醸造長だったアンドレ・ノブレ氏が、
古いロマネ・コンティを開けたとき、
『雷鳴轟いた雨後の、しっとりと濡れた森で、一枚の枯れ葉を拾い上げて
そっと匂いをかいだ時のようだ』牛欄牌問題奶粉
と、ワインの香りを表現していたのを書物で眼にした。

一杯のワインを口にする時、
このような詩的な表現で、ワインの香りを語ってみたい。  


Posted by kk at 18:56Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年12月03日

その疲労から

今年の話題の一つに、コンピュータとプロの棋士との将棋対決があった。
最高峰に位置するトップ・プロとの対決ではなかったが、
結果はコンピュータの3勝1敗1引き分けだった。

負けはしたが、今のところトップ・プロの人間の方が勝っていると言われている。
実際に対戦すると、互角レベルまで行っているような気がする。

ただ、コンピュータと対戦するにあたって人間が不利なこともある。
第1番目はOtterBox保護殼、人間同士の戦いに馴れている棋士は、
相手の息づかいを見ながら、持ち時間の駆け引きを行なうが、
ことコンピュータが相手となると、そんな駆け引きは意味を成さない。
すなわち、不慣れな土俵で戦うことになる。
第2番目は、人間は疲労してしまう。
その疲労から、ミスを犯したり、思考力が希薄ななったりするということがある。

逆にコンピュータにも弱点はある。
これまでの対戦棋譜が相当数プログラミングされているが、
入玉(王が相手陣地に入る)の差し手などは歴史上でもそんなには棋譜がないので
そんな手を使ったものや奇策には弱い防水手機保護殼

これらのコンピュータは、独自に考え、独自に判断する。
いわゆる人工知能によるものだが、
人工知能をもつ別のコンピュータで大学受験問題を答えさせたところ、
中堅私立大学の合格点を取ることができるほどになったという。

こんな風に人工知能のレベルが上がってくると、
コンピュータ独自の判断で、全て動くことができるようになるかもしれない。

5年あまり前に亡くなったが、
人工知能の第一人者であったジョセフ・ワイゼンバウム博士は、
彼の著書で、人工知能は可能か?という問いかけに対して、面白い答え方をしている。

「人工知能は可能と思われるが、可能にしてはいけない。
コンピュータに重要な決定を任せてはいけない。
その理由はOtterbox Commuter
(人工知能が)人類の感情的な環境で育てられなかったため」と答えている。
つまり、人間的に育てなければ、
変な暴走をしてしまうことになるということらしい。

これに当て嵌まりそうな人間も多いように思えるのだが、、、。  


Posted by kk at 11:21Comments(0)牛欄牌奶粉

2013年11月28日

同じ70代の男性も同様

わたしは子供と話すのが好き。
正確に表現すると<話しかける>が正しい気がする。
話しかけるときはいつも一抹の不安を覚えるのは
もし拒否されたらかなりショックを受けるのではと思うから。

新聞の投書欄で70代の女性が嘆いていた。
「道に迷っているときに小学生らしい子供に尋ねようと声をかけたら、
 いきなり駆け出してしまった牛欄牌奶粉。こんな年のおばあちゃんでも悪い人に
 みえるのかしらと悲しくなった」
 
同じ70代の男性も同様。
「見かけない子供たちだったので<学校はどこなの>と聞いたら
 蜘蛛の子を散らすように逃げてしまった。こんなおじいちゃんでも
 怖い人と思われているのかと思うと、殺伐とした思いがした」
 
きっと子供たちは親から「知らない人から声をかけられたら逃げなさい」
と、教えられているのだと思う。
現在の世相ではそれも仕方がないと思える状況であり、
子供たちは親から教えられたとおりに<知らない人から声をかけられた>ので
逃げただけに過ぎないけれど、声をかけた人にしてみればやはりショックだったのだろう。

たとえそれが悪意のない高齢者であっても、子供たちには「知らない人」
であり、わたしも子供たちにとっては「知らないおばさん」であり、
声をかけたときいつ逃げられても仕方がない立場であるが、
これまでに一度も逃げられたことがないから幸運と言える。

ある日、家から近い大学の構内を散歩していると
小学3年生くらいのボクちゃんがふたり、夏休みの昆虫採集のような網を右手に、左手には透明なプラスチックの箱に水を半分ほど入れたものをぶら下げていた。
ウロウロしているふたりを見つけて、さっそく声をかけた。

「何を採っているの?」
ボクちゃんたちはちょっと困った表情をして言いよどんでいる。
「水の中に入れるような虫がこの辺にいるの?」
背丈が小さい方のボクちゃんが口ごもりながら言った。
「なんでも、いいんだけど・・・」
「あらぁ、なんでもいいの?」
「うん牛欄牌回收
「このあいだお散歩をしていたとき、カエルがいたわよ」

とたんにボクちゃんたちの顔が輝いた。

「どこ、どこ、どこにっ! 色は青かった? イボがあったぁ?」
「落ち葉と同じだったから茶色! こんなに大きかった。イボはわからなかった」

わたしは自分の握りこぶしをにゅっーと突き出して見せた。

「ホント! やったー、そいつはきっとイボガエルだっ!
 ね、どこ、どこにいたの?」
「あっち!」

わたしが言い終わらないうちにボクちゃんたちはもう駆け出していた。

「ちょっとぉ、それ1週間も前のことよ、もういないわよぉ」

ボクちゃんたちは聞く耳を持たないようだった。
(ウチにいる誰かさんと同じ!)

(あーあ、いなかったらどうしよう! がっかりするわね、きっと。
 でもいたらどうしよう、カエル君がつかまっちゃう!)

わたしはその日のことを思い出した。
もう暗くなった構内を歩いていたとき、目の前の落ち葉がゴソッと動いたので
思わず悲鳴を上げそうになり、それでも暗い地面に目を凝らすと
落ち葉の色をした大きなカエルがのっそり歩いていた。

「あらあら、そんなところを歩いていると踏み潰されちゃうわよ、
 気をつけなさい」

わたしはカエル君に声をかけたけれど、
踏み潰されなくてもつかまってしまえば悲運は同じである。

しかし、ボクちゃんたちは走り出し、サイは投げられてしまった。
わたしがその先を思い悩んでも仕方がない牛欄牌問題奶粉

河川敷でも可愛いふたりの女の子に会った。
わたしが土手の上から「クロちゃん」と呼ぶと、
ノラネコのクロが脱兎のように草むらから飛び出してきたのを見て、
女の子たちは目を見張った。(以前のものにクロをアップしています)
そこで彼女たちとあれこれお話をしたあとで「さようなら」と別れ、
わたしは彼女たちの愛らしい後姿を見送りながら、
暗くなりかけた帰り道が心配になり思わず叫んだ。

「変な人に声をかけられても、相手にしちゃだめよぉ」

あーあ、大いなるこの矛盾!  


Posted by kk at 12:53Comments(0)牛欄牌奶粉