2013年08月29日

やっと夏らしくなった

やっと夏らしくなった?と言っても猛暑から普通の暑さに戻っただけ。それでも外気温は32℃前後と、それはそれで暑いがひと頃の暑さと随分と違う。毎日、35℃を越える暑さに耐えていたので、32℃前後は普通の暑さなのだ。だが、まだ8月なのだ。あと数日にすれば9月になる。

人間の体温は36℃前後と少し幅がある。ところがどんな人でも平熱より1℃でも上がると何らかの異常を訴える。例えば普段36℃前後の人が、たったの1℃だけ上がるだけでhow to register a business、軽い頭痛があったり、身体がだるかったり、関節が痛くなったり、身体に何らかの異常を感じる。そして慌てて病院に行き治療を受ける。解熱剤の点滴を打たれ、薬をもらって寝てひたすら熱を下がるのを待つ。それが人間の対処法だった。

ところが地球の対処法になると無力だ。幾ら英知を集めても地球の異常を変えられない。これまでに私が住む地域では外気温が32~33℃と、これが普通だった。これでも暑いと誰もが思っていた。ところが今年は35℃を越える日は何度もあった。熱帯夜も続いた。異常なのだ。人間なら悲鳴をあげる。本来なら病院に行って異常を訴える、それが今の地球なのだ。だが地球を診察する医者はいない。それも出来ない。たかが1℃と言っても人間の異常と地球の異常は違うのだ。人間と地球Hong Kong Company Secretary、どだい比較するこことが間違っているるのか。

この猛暑で何人かの友人達は身体の異常を訴えたのだ。熱射病に掛かった人はいないが、余りの暑さで1日中クーラーに掛かり、体温をコントロール出来ずにお医者様に掛かった人がいた。それ以外にも体調を悪くしたものの医者には診せずに頑張り通した人も。

ところが今週に入ってやっと涼しい日が続いている。このまま秋に向って欲しいと思う。毎週、月曜日になると携帯電話に県からの防災メールが送られてくる。そこの予想外気温は32℃から34℃と、ひと頃と違う。

だがまだ夏。九州は9月迄が夏なのだ。これから残暑がやってくる。猛暑から残暑、もう暫らくは暑さが続く。だがひと頃続いた猛暑はないだろう。残暑、その文字を読むと“残っている暑さ“と云うcompany registration Hong Kong。この残っている暑さで、やがてやってくる秋に備えたいものだ。
  


Posted by kk at 17:28story

2013年08月07日

よく言われることだが

さて、すごい勢い(スピード)で、ここ蝶ブログを更新しよう。
例の別SNSのコメント返しは、後回しにする。

気になると言えば、気になるのだが、縁側でお茶のみながらの話に近いので、
さほどnu skin product、焦ることはない。


昨日、ここに書いた、林真理子。
いまだに、アタマから離れない。
その前夜に観た彼女の特集テレビ。
印象的だった。

わたしが言いたいのは、これだ。
たんなる遊び人なら、あんなに好き放題、言ってたら、誰も相手にしない。
話を聞いてくれるのは、商売人ぐらいだろう。
お金には、人は寄ってくる。

よく言われることだが、
お金がなくなっても、まだ付き合いが続く人間関係が、ほんとうの、お付き合いだと。
人は、お金や、権力に、寄ってたかって、おこぼれを頂戴しようと群がってくる。
その頂点の時は、自分の実力のせいだと、勘違いする。
でも、それは勘違いではなく、本当に、その時、お金や、利権やらを持っていたことは確か。
腹の中で軽蔑していても、へらへらと揉み手で、人は着いてくる。

林真理子が、好き放題言えるのは、彼女の力の賜物。
能力があると思う。
時代の波に、ちゃっかり乗っかることに長けている。
時流の神様がnuskin group、微笑んだ。
何本も抱えている定期エッセイだって、アシスタントに題材やらなんやらを用意させているのかも知れない。
自分は、最後にちょこっと手直しするだけかも知れない。
(想像だけど)

安藤忠雄だって、
優秀な東大卒の弟子志願の設計士が、無料に近いギャラで、汗流して設計したものを、
ちょこっと手を加えているだけかも知れない。
(聞いた話と、想像をミックスした、いいかげんな話だけど)

安藤忠雄は、面白いことを言っていた。
「今の政治にないものは、勇気だ」
なるほど、あの人は、営業がうまい。
営業で今日の地位を築いたようなものだ。

彼の構想、発想は、突拍子もなく、実現不可能であるように思えるが、夢がある。
発想と表現のセンス。

多くの人々がうごめいている社会で、誰と接するか、誰と接点を持つか、
チョイスするのは自分だ。

自分のいる小さな社会の中だけで、ごちゃごちゃ、ぐるぐる回っていても、良い発想は生まれない。
斬新なネタ、人には出会えない。
待っているだけでは、効率が悪い。
自分から出て行く勇気や行動力も必要。
ただし、ハイリスク、ハイリターン。

自分にとって、吸収できるもの、良いもの、良い効果があるもの、
そういうものをすくい取る。
林真理子じゃないけれど、アンテナを張る。
逆のもの、良くないものにnu skin hong kong、アンテナを張ってもなんの意味もない。マイナスなだけだ。
そういうものは、瞬間的に避ける。

少しずつ自分が変わると、変わった自分と接点のある人々も、また顔ぶれが変わってくる。
(引き続き同じ人である場合は、影響を受け合う)
よい方向に常に変わること。
地球が自転しているように。

これは、意識してないと、せっかくのチャンスも見落としてしまう。  


Posted by kk at 17:09story

2013年07月29日

聞いていると言葉は弾のようだ

「話し上手は聞き上手」と言うことわざがある。この意味は、本当に話が上手な人は他人の話をよく聞いて自分の話をする、と言うことだ。ところが生活をしていると、聞くよりも話すほうが好きな人が多い気がする。それを聞いていてヒステリックのようにも聞こえる。心の中に貯め込んだものが一気に口から吐くように見えてくるotter case。だから体調の良い時は耐えられるが、疲れている時になるとげんなりする。

私の友人にも話し好きな人が数人いる。彼らが話すのを聞いていると時間を経つのも忘れるくらい話している。次から次と出る溢れる言葉。聞いていると言葉は弾のようだ。彼らの口元を見ていると回転式の連射式の機関銃のように見える。そうなると聞いているほうも辛くなる。それが2人揃うと更に迫力を増す。3人の内に2人がそうなら残った人は話しの輪に加わらないか、2人の話しを黙って聞いているのか、とにかく仲間外れにならないように対応しなければならない。

5月の朝日新聞の記事に『めざせ!聞き上手』と言う4回のコラムが載った。それを読んでいると話を聞く時のポイントが書かれていたfr4 pcb。どれもが身につまるものだから。その中でOKなのは、①笑顔とうなずき。②相手の話しを否定しない。③共感して受け止める。反対にNGなのは、①すぐに反論、批判をする。②結論を急ぐ。③自分の考えを押し付ける。そのようなことが書かれていた。

特に男性シニヤ世代に対しては、直ぐに口を挟まない。自分の経験をアドバイスしたくなる、と厳しく指摘されていました。これを若い世代に話すと、最初の内は経験談として聞いてくれるが、度が過ぎると、それまでのイメージが崩れてしまい逆に相手が遠ざかってしまうことがある、と言う。それを何回も何回も話すと敬遠されてしまいます。だが同世代なら肯けることが多く、ますます話しが盛りあがります。

昨日も教会にOさんとNさんと話した。ところが2人共に話し好き。もう直ぐに80代に入るOさん。Nさんは私と同年代。私は教会の奉仕のために様々な用事を済ませていたがlabel sticker、2人は知らない間に話しが何度も盛りあがったようだった。その中に私が加わる時は聞き役に徹します。そして適度に話しの腰が折れない様に話します。そんな関係が続いています。
  


Posted by kk at 11:14story

2013年05月20日

ダンナは叫んでいた

今日の夢の鍵言葉はこちら。
寄生生物、戦っても生きてればそれでいい、もうあなたしかいない気がする


その生き物はアメーバのようなドロドロの塊に見えた。
何でもとても恐ろしい寄生生物らしい。
その生物に寄生されるとfood wine
一番最初に触った生き物と戦わなければ生きていけない身体になってしまうという。
負けたらそのまま死ぬ。戦って勝てば生き残る。しかし寄生生物が体内から出ていくことはない。
駆除方法は寄生主が死ぬ以外に発見されておらず、
もし寄生主が死亡するような事があれば、灰からも寄生される可能性があるため、
その灰は厳重にどこかの保管施設に保護されることになり、墓の中に入ることはない。
感染者は感染者同士のコミュニティーに強制的に収容されるようだ。

私とダンナがいる場所で、なぜかその恐ろしい生き物の宿主が出て暴れだしている様子だ。
そして私に戦いを挑みにきた。
ダンナが「ヒロちゃん逃げて逃げて」と大声で叫んでいたのが聞こえた。
私も必死で逃げたがどうやら逃げ場を失ってしまった。
そしてとうとう、その宿主は私に触れた。

負ければ殺される。
心配で何か意味不明の声をあげていたダンナに対して、
「勝ちゃーいいんだよ勝ちゃー」と男前なコメントを残し必死で生き物に寄生された人と戦う。
わたしはその人に勝って生き残った。
倒された人の顔がなんだかほっとしていた気がしたのが気になっていた。

寄生された私の周囲にいた人々が私を避けて逃げ惑う。
誰も戦いの標的になりたくないし誰も、誰かを傷つけるような事はしたくないわけだ。

ダンナは叫んでいた。
「なんで勝ったんだよ。勝ったら寄生されてしまうじゃないか。」
「なに言ってんだよ。生きてりゃいいだろ。」
「ダメだよ。もうヒロちゃんに触ることができないじゃないか。」

そうだ。
一番最初に触った人間と戦わなきゃいけなくなるんだったな。
で、勝ったら宿主formation of company、負けたら死亡、だった。
そして最初に人を触った時点で人殺し確定になるんだ。

この時点で、私は誰に触ることもできず孤独に暮らす事が決定したってことだ。
私は初めて、大変なことになってしまったと気が付いた。

それって人としてもう終わっちゃったような事にならないか、ってことだ。
人に触らず暮らす事は苦しいだろうな。それが永劫続くんだぜ。
さっきの宿主は誰かに触りたくて収容所以外の世界に出てきたのかもしれない。
そして私を見つけて触った。人に触れられた安堵は一瞬。
後は命がけの攻防。勝てば殺人の罪悪を背負い
人に触れられない孤独を継続して生き続ける。
負ければ命は終わるが、物質の世から離れられたら、
生き物に触れられない寂寞も終わるのかもしれない。

あぁそういうことだ。

「そういうことだ」ダンナは悲しそうだった。
「というわけだ。さよならだな。緑の紙を使わず仲良しでいられたことが嬉しい」
私は精一杯の強がりと感謝でこんな変なコメントしか出せなくなっていた。

すると、私から遠ざかると思われた彼が逆に私に近寄ってくる。
なにやってるんだあんたは。

「触ってよ。俺に。」バカだろ。触ったらあんたに感染するんだよ。
そして私達は愛し合わずに殺しあう間柄になるんだ。

「でも触っていられる。俺たちなら、殺しあってもうまくやっていける」

言っている意味がわからないよ。

「人に触られず人ではなくなるあなたを見ているだけより、
あなたにふれて死にたいと思うんだ。あなたに殺されるならいいし、
もし俺があなたを殺してしまったら、その苦しみをずっと背負って収容所にいようと思う。
まぁあなたがいなくて淋しい俺が何年生きられるかわからないけど。
男は寿命が短いでしょAsian college of knowledge management。俺もう48だからそんなに待たないで済むと思う。
だから、触ってくれよ。タダの夫婦としての俺達の最後の握手だ」

迷っていた。しかし彼は私が一番好きな笑顔をしている。
この人がこういう風に笑えるときには根拠のない自信があるとき。
9割くらい失敗している。けれど失敗の後は精一杯で笑えているし、
1割の成功の時には本当に嬉しい気持ちを共有できる。

「さ、早く」彼の笑顔が涙になる前に、私は手を握る。

私達は殺し合いながら日常を過ごし続けて朝を待っている。  


Posted by kk at 17:54story