2016年07月14日

青春時期,男女有別



大虎與歡歡是從小玩到大的好朋友Amway呃人,兩家同住一個社區,關係好得用“青梅竹馬”四字來形容他們,實不為過。從他們記事時,就如兄妹一樣不分你我,好吃的、好玩的、好看的、好聽的,全都一起分享。二人成了無話不談、事事分享、形影不離的知己,彼此交往的時候甚至連性別的概念都沒有了。
  
  13歲那年的一天,大虎依然像往常一樣跑到歡歡的房間裏做作業,做完作業便翻箱倒櫃地四處尋覓零食吃,搶著看歡歡新買的漫畫書,甚至連歡歡的日記本都不放過。當然,大虎也會主動把自己的日記拿給歡歡看,但歡歡不再像以前那樣關心他的日記,也不再像以前那樣熱情,她開始對大虎不鹹不淡,甚至有厭煩他的情緒。大虎不明白他們之間到底出了什麼問題疲勞
  
  一天,調皮的大虎驚奇地發現在歡歡抽屜裏的書本下麵,隱秘地放著幾片衛生巾,他驚詫地盯著歡歡,目光異樣。歡歡惱羞成怒,一氣之下,把大虎轟出了家門,自此,兩人關係冷淡起來,即便有時相遇,也只是談學習的事情,警覺地不越過男女生之間的那條“界線”,再也不像之前那樣親密無間。
  
  誠然,青春期孩子之間的友情非常純潔,但隨著年齡的增長,男生與女生的心理和生理表徵的迥異已愈發凸顯,尤其是青春期的女孩,例假的來臨和乳房的日漸豐滿等生理特徵,已讓她們內心充滿了嬌羞和恐慌,她們內心深處的小秘密,除了媽媽和要好的閨蜜之外,便不再願同別人分享,更不會向男生傾訴“秘密”,即便是男性知己也不行。這是正常的生理和心理現象。所以,青春期的男女生,與人交往時,要注意掌握好彼此的距離,別人的日記,或是其他隱私,不要觸碰。借用別人的物品時,要經過別人的允許。當然,生理衛生課的老師和家長,也要作為正面引導,以科學的、適當的、坦誠的、有效的方式,為孩子們點亮指明燈,補充正能量素食葡萄糖胺。  


Posted by kk at 18:08Comments(0)life

2016年01月08日

、腹筋運動が背

君をもわれをも祝いなどしたるさま、ことにをかし」と書かれている箇所がある。
これを簡単に説明すると、
「正月一日は、空の景色がぼんやりと修護皮膚
霞みがかかったように穏やかで、
世の人々は晴れ着姿に身を整えて、主君も自らにも
新年を祝っている様子は、おもむき深い」という意味になるだろうか。
「お正月を写そう。きれいな晴れ着を写そう」
とばかりに過ごしている姿は、千年という時の流れを感じさせない。

一方で、ニュース記事を見ていると、
「腹筋運動は時代遅れ」という見出しがでていた。
それによると、腹筋運動が背中を痛める非常に大きなリスクを抱えている、
というものだった。
そのため、米軍では体力測定からこの項目を除外したという。
腹筋運動といえば、体幹を作る重要要素網上課程として、
必ず入っているものだったが、これからは除外される傾向となっていくようだ。

かつて、私が運動クラブで汗を流していた頃は、
練習メニューには腹筋運動はもちろんのこと、
「うさぎ跳び」なるものが必ず入っていたものだった。
「うさぎ跳び」はかなり過酷で、
運動場の端から端までを何往復というものをやっていたことがある。
ところが、この「うさぎ跳び」、効果がないどころか、
膝を痛める原因となることがわかり、今は練習風景でほとんど見ることもない。
今度は腹筋運動やクランチといったものが消えてなくなることになりそうだ。
「流行」は、考えているよりもっと早一程多站旅遊いサイクルで変化していくようだ。
  


Posted by kk at 18:51Comments(0)life

2015年12月11日

一般的にも「お歳暮

「長刀はむかしの鞘」という題がついているのは、
この長屋に住む浪人を中心に書かれているため。
この男、持っているものを次々と質草にして売り払い、
どうにかこうにか暮らしていたが、
ついに売るものがなくなり、最後、手もとにあったのは長刀の鞘(さや)だけ。
これを女房に質屋に持って行かせる鑽石能量水
質屋は、そんな詰まらぬものとばかりに投げ返すと、
「長刀こそないが関ヶ原の戦いで軍功を挙げた先祖の宝。
鞘と言えど、それをむやみやたらと投げ返す。これは我が先祖をないがしろにするもの」
と言って喚(わめ)きたて、質屋がどう宥(なだ)めようと声を挙げて泣くばかり。
強請(ゆす)られていると知りながらも、
質屋が折れて、三百文と米三升を差し出すことになってしまうという話。
また、この話の続きに、
浪人と同じ長屋の隣りに住んでいる年の頃三十七、八の独身の女性について書かれている。
この女性、何をしているかわからないが小綺麗にしていて、
家主に鰹一本、その娘へは絹緒の小雪駄、お内儀には畦足袋一足、
そして七軒の長屋へは餅に牛蒡一把ずつ添えて配ったと出てくる。
まさに、お歳暮。もう既に空氣清新機、一般的にも「お歳暮」の習慣があったと見える。

また、江戸時代の俳人、小林一茶の句に
「宵(よい)過ぎの 一村歩く 歳暮かな」とある。

十二月の声を聞くと「お歳暮」の季節という事になる。
ところが、お歳暮の申し込みは十二月になる前から始まっており、
11月中に申し込むと同じ商品だが、何パーセントかのディスカウントがあるという。
これは、繁忙期を避けるためでもあり鑽石水
どこよりも早くはじめ、顧客をどこよりも早く取り込むための策だそうだ。
お高くとまっているようなデパートだが、
これが、
なかなか商魂逞しい。
  


Posted by kk at 20:47Comments(0)life

2014年05月13日

私は

羽毛っ! ブログは、昨日の記事で、ひっそりこっそりと、週二回更新などど、思って居ったら、私の記事の完コピが目に留まってしまったり(全然、そのブロガーさんに他意はありません背幕製作。ブログ、続けて下さいね、出展明記してもらって、ばんばん、行って頂戴、私の愚記事に関しては・・・)、励ましのコメント、ちょっと、字が違うけれど、頂いたり(うんうん、ブログはいいよなぉーーー、うんうん、イイヨナオジサンで返礼)、それから、ぐっぐっていたら、一年半前にコメントしたブロガーさんから、知らぬ間にご返信、しかも、リンク付き。こちらは、ご無沙汰
モードになっていたのである。すかさず、りんくるくるしてしまった康泰導遊

私は、もちろん、ブロガーさんたちっても、その、わたくしの更新力の原動力になって下さっているブロガーさんは、愛おしい。うんうん。それから、この楽器奮闘記、とりわけ、ピアノは私の問題でもあるから、これについて書かれているものは、愛おしい。むしゃむしゃと読んでしまう。

で、そのブロガーさんの性別も年齢もnu skin 如新、じぇんじぇん分からないのだけれど、書かれている内容は、ピアノ弾きだから、よぉーーーく、分かる。そして、裕センセのちゃらちゃらブログを読むと、「ピアニストであることの大変さ=楽器の習得が、いかに大変か=日々の努力および理論の把握、その理論を体に覚えさせる=切磋琢磨=人には言わない努力の結晶=涙ぐましい日常=巨人の星的バックグランド、つまり、尊敬に値する、その人格」は、まったくもって、またたくまに、木村拓哉であるからnu skin 如新、その真意は暗喩と隠喩と隠微の彼方・・・。この方のブログを読ませて頂くと、私自身が、おぉーーー、そうだそうだっと「再」理解をする。先ほど、全記事、拝読致しましたぁー。はい、本文、右下、23.221cmの辺りです。  


Posted by kk at 16:58Comments(0)life

2013年07月23日

全身が小麦色の素肌

素肌美人。高校生から大学生の頃の夏の流行りは何といってもコンガリと日焼けした肌だった。独身男女達が競って全身をコンガリと焼くことは当時の憧れの的だった。誰もが夏になるとコンガリと焼けた小麦色の肌を目指していたAccounting in HK。その影響は私の年代にも大きな影響を与えた。

その中に某化粧品メーカーのテレビコマーシャルに亡くなった夏目雅子のピチピチした肌が今でも印象に残っています。全身が小麦色の素肌、それにビキニ姿は、女性をはじめ男性にも大きな影響を与えました。誰もが彼女のテレビやポスターを見て憧れたものです。その私も影響を受け、憧れは行動に移し、医薬品店の男性化粧コーナーを見て日焼け用の薬品を買いましたSet up Business in Hong Kong。それを外出する度に両腕に塗っていました。ところが風呂に入ると衣類で隠されている部分の白さとコンガリ焼けた部分を比較した時に驚きました。中途半端でした。しかし全身を綺麗に日焼けするには海水浴場に行くのかプールに行くのか、時間的にも纏まった休みがとれず、チューブには薬品が残ったまま忘れてしまいました。

ところが何時の頃からだろうか、日焼けが肌のトラブルの原因だと分かりました。余りにも強い紫外線は皮膚のトラブルや病気の原因なると言うことが知れ渡り、肌をコンガリと焼くことが無くなりました。

以来、そのようなコマーシャルを見ることはなくなりました。今ではお肌が真白な女性が真夏の海岸で水飛沫を浴び、熱い砂浜でビールを飲む姿がコマーシャルに出ています。わが家でも日焼けを嫌って妻は外出するたびに日焼け防止の薬品を塗ってから出ています。帽子を被り、その上に日傘を開いて出ています。

昨日も曇りの天気にも関わらず教会の活動で、車で1時間程掛かる糸ケ浜海水浴場に行って夏を楽しんできました。曇りの天気は次第に明るくなり、大きな樹の下でバーベーキュウです。子供達は着くと遠浅の海岸に行って遊び、残った大人達は汗をタラタラ流しながら焼肉するための準備をしました。その代わり、強い陽射しを浴びなかったが、how to register a business木陰の下で肉を焼いていると大粒の汗をたくさん流しました。肉から出る煙によって衣類にはすすと臭いが染み付くほど食べました。

昔はお肌を焼くことは健康の象徴でもありました。ところが時代が変ってお肌を焼くことは肌で起る病気やトラブルになると言われ嫌われています。だとすれは健康の象徴は何なのか考え直さなければなりません。  


Posted by kk at 12:01life

2013年02月28日

きばる(甘夏)の季節到来

生活クラブ生協の、熊本県産の甘夏が

今年もまた やってきましたgifts-and-premium.html



瑞々しくてとても おいしいので

夫は このまま 食べるのが大好きです。





でも、私はやはり すぐに

ジャムや ケーキに 思いをはせます。



キッチンに漂う 香に包まれるときの

この上ない幸せpromotional-premium.html



これは、昨年作ったピールや





マーマレードですが、



この週末には 今年もまた

張り切っちゃいます。



ピアノの発表会は とうとう あと

3週間に迫ってきましたがadvertising-premium.html


なんとなく まだ ぼわ~んとしたイメージ。



でも 日々 春が近づくようにexecutive-business-gift.html

私たちの3月23日も 確実にやってきます。



がんばろうね。  


Posted by kk at 16:52life